[新製品・サービス]

NEC、アプライアンスサーバ「Express5800/InterSec」新製品を発売

2009年7月24日(金)

NECは2009年7月23日、アプライアンスサーバ「Express5800/InterSec」において、処理性能や負荷分散、運用管理機能などを強化した8製品を新たに製品化し、同日より販売活動を開始すると発表した。 「Express5800/InterSec」は、メール、プロキシ、Webフィルタリングなどの用途に特化した専用サーバであり、ネットワークセキュリティ環境の容易な構築と効率的な運用を実現する。 新製品は、ハードウェア性能を大幅に強化したことにより、従来比、最大2倍となる2,000ユーザーでの運用が可能となった。また、ソフトウェアの機能強化により、運用性の向上を実現する。

新製品の主な特長は以下のとおり。

  1. 従来比、最大2倍のユーザー数をサポート
    ・最新CPUの採用などハードウェア性能の強化や運用/管理などソフトウェア機能の強化により、メールサーバ「Express5800/MW500g」は、従来の2倍にあたる2,000ユーザーをサポート可能。
    ・プロキシ/Webフィルタリングサーバ「Express5800/CS300g」は、従来比1.5倍の600ユーザー、「同/CS500gでは、従来比1.2倍の1,200ユーザーをサポート可能。
  2. 管理機能を強化し、運用性を向上
    ・初期設定の簡易化:初期設定と管理機能を一体化し、ネットワーク経由での設定を可能とした。これにより、初期設定時間が従来の15分から10分以内へ短縮。
    ・一括ログ採取ツールの搭載:従来は、アクセスの確認や調査に必要なログ情報は、各サーバの表示画面から個別に採取が必要であったが、InterSecの統合管理ツールからログ一覧を参照し、必要なものを選択するだけで一括して簡単にダウンロードすることが可能。
    ・保守専用の管理アカウント:保守専用の管理アカウント作成機能を搭載。アクセス権限をより細分化することによって、コンプライアンス強化にも貢献。
  3. 各モデルの機能強化
    ・プロキシサーバ「Express5800/CS300g」「同CS500g」において、ログ領域のカスタマイズ機能を搭載。これにより、ログ保存領域、対象期間を自由に設定することが可能。内部統制強化上の観点から求められるログ保存に最適に対応。
    ・ロードバランサ「Express5800/LB300g」において、負荷分散オプションを追加。様々な状況に応じた負荷分散が可能となり、柔軟なシステム構築を実現。
  4. ライセンス体系の変更によりWEBメール導入費用を大幅削減
    メールサーバ「Express5800/MW300g」「同/500g」におけるWebメールオプションのライセンス体系を変更。従来は、ユーザーアカウント数分のライセンスが必要だったが、新体系では同時接続数(同時にログインするユーザー数)のライセンスだけで利用可能。同時接続数が全ユーザー数の半分なら、導入費用は半分に削減可能。

新製品の希望小売価格は以下のとおり。それぞれ2009年7月31日より出荷開始される予定。

用途 製品名 希望小売価格
(税別)
摘要
ウイルスチェック Express5800/VC300g 50万円 小中規模向け
メール Express5800/MW300g 60万6,000円 小中規模向け
~600ユーザまで
Express5800/MW500g 156万円 大規模向け
~2,000ユーザまで
プロキシ Express5800/CS300g 88万円 小規模向け
~600ユーザまで
Express5800/CS500g 158万円 中大規模向け
~1,200ユーザまで
ロードバランサ Express5800/LB300g 84万円 中大規模向け
128サーバまで分散
Webフィルタリングセット Express5800/CS300g
(Webフィルタリングセット)
98万円 小規模向け
~600ユーザまで
Express5800/CS500g
(Webフィルタリングセット)
148万円 中大規模向け
~1,200ユーザまで
負荷分散オプション Express5800/LB300g用
NAT対応ライセンス
10万円 LB300g専用オプション
Express5800/LB300g用
ノード固定化(Cookie)ライセンス
10万円 LB300g専用オプション

NEC
http://www.nec.co.jp/

 

関連記事

NEC、アプライアンスサーバ「Express5800/InterSec」新製品を発売NECは2009年7月23日、アプライアンスサーバ「Express5800/InterSec」において、処理性能や負荷分散、運用管理機能などを強化した8製品を新たに製品化し、同日より販売活動を開始すると発表した。 「Express5800/InterSec」は、メール、プロキシ、Webフィルタリングなどの用途に特化した専用サーバであり、ネットワークセキュリティ環境の容易な構築と効率的な運用を実現する。 新製品は、ハードウェア性能を大幅に強化したことにより、従来比、最大2倍となる2,000ユーザーでの運用が可能となった。また、ソフトウェアの機能強化により、運用性の向上を実現する。

PAGE TOP