[新製品・サービス]

機能を拡張したサーバー仮想化ソフトの新版

2009年8月11日(火)

仮想化ソフト Citrix XenServer 5.5/シトリックス・システムズ・ジャパン シトリックス・システムズ・ジャパンは2009年6月24日、無償のサーバー仮想化ソフトの新版「Citrix XenServer 5.5」を発表した。新版の主な特徴は、「統合バックアップ」「変換ツールの強化」「検索機能の強化」の3つである。

統合バックアップは、ゲストOS環境におけるファイルや仮想マシンのディスク・イメージを一括バックアップする機能である。これを実現するため、集中管理コンソールの「XenCenter」からサードパーティによる複数のバックアップソフトを呼び出せるよう、新たなAPIを用意した。

VMwareで使用する仮想ディスクフォーマット(VMDK)を、XenServerやHyper-Vで使用するフォーマット(VHD)に変換する機能も追加した。この機能により、VMware環境上で構築した仮想環境を、XenServerに簡単に移行できるようになった。

仮想マシン名やロケーション、サーバー、ネットワーク名などを条件に、仮想環境内を検索する機能も備える。単一画面上で検索できるため、膨大な数の仮想マシンを管理しやすくなる。

XenServer 5.5には、これら3つの特徴以外にも見逃せないポイントがある。物理ホスト管理やユーザー認証にActive Directoryサービスを利用できるようになり、Windowsサーバーを仮想環境で運用する際の使い勝手が向上したことだ。さらに、利用できるゲストOSが増えたことも大きい。SUSE Linux Enterprise Server 11、Debian 5.0、Red Hat Enterprise Linux 5.3、Cent OS 5.3、Oracle Enterprise Linux 5.3が、新たにサポート対象となった。

これまで、こうした仮想化機能を導入するには、数十万円の投資が必要だった。それが無償で利用できる。企業としては、試してみる価値はあるだろう。

関連記事

機能を拡張したサーバー仮想化ソフトの新版仮想化ソフト Citrix XenServer 5.5/シトリックス・システムズ・ジャパン シトリックス・システムズ・ジャパンは2009年6月24日、無償のサーバー仮想化ソフトの新版「Citrix XenServer 5.5」を発表した。新版の主な特徴は、「統合バックアップ」「変換ツールの強化」「検索機能の強化」の3つである。

PAGE TOP