[新製品・サービス]

SAP製品と連携するビジネスプロセス管理製品

2009年8月18日(火)

BPMツール ARIS 7.1日本語版/ IDSシェアー・ジャパン IDSシェアー・ジャパンは2009年6月19日、「ARIS 7.1日本語版」を出荷開始した。同製品はEPCやUML、BPELといったモデリング標準に従った業務プロセスの設計や分析、ライフサイクル管理機能を提供するBPM(業務プロセス管理)ソフト群である。

新版の大きな特徴は、中核ソフトである基本モデリングツール「ARIS Business Architect」に、バージョン管理機能を追加したことである。これは、業務モデルを変更した際に元のバージョンとの差分情報を保存する機能。これにより、1つのデータベース上で複数バージョンの業務モデルを管理・閲覧できるようになるため、ユーザーはプロセス改善のスピードアップに役立てられる。Excelやプロセス図といった形式でバージョンの違いを比較できる。

このほか、業務プロセスを設計する際に使用するモデルを新たに2つ追加した。システムと業務プロセスの関係を表形式で表現する「マトリックスモデル」と、任意に設定した時間軸に沿って業務プロセスを設計・分析できる「プロジェクトスケジュールモデル」である。

一方、新版ではSAP製品との連携を強化。「ARIS Business Architect for SAP」と呼ぶ機能により、SAPのアプリケーション管理基盤であるSAP Solution Manager上のユーザーロールやキーワードをダウンロードして同期したり、ARISで作成したテストシナリオやプロセスシーケンスをSAP Solution Managerに転送するといったことを可能にした。

IDSシェアー・ジャパンは、新版の訴求対象を「SAPユーザーをはじめ、内部統制やガバナンスの実現を目指す企業」とし、販売パートナー企業やSAPジャパンと協力して販売する。

関連記事

SAP製品と連携するビジネスプロセス管理製品BPMツール ARIS 7.1日本語版/ IDSシェアー・ジャパン IDSシェアー・ジャパンは2009年6月19日、「ARIS 7.1日本語版」を出荷開始した。同製品はEPCやUML、BPELといったモデリング標準に従った業務プロセスの設計や分析、ライフサイクル管理機能を提供するBPM(業務プロセス管理)ソフト群である。

PAGE TOP