[ユーザー事例]

ビジネスパーソンのソーシャルメディア活用術—Part1

2009年8月17日(月)

情報収集から案件発掘まで IT系企業のマーケティングをお手伝いするという仕事柄もあり、mixiやFacebookといったSNS、最近話題のTwitterなど、国内外の新しいソーシャルメディアを積極的に使ってきました。その感想はというと、魅力的だし実用性も十分! ここでは、私が仕事の面で手放せなくなったTwitterとLinkedInを例に、実体験を紹介します。

Twitter
メモ代わりや情報収集など国内で52万人超が登録

あのオバマさんもハマッています─。こんなフレーズに続いて、見知らぬ小浜さんが登場するテレビCMがありましたが、正真正銘の米大統領オバマさんが使っているのはTwitterです。選挙の際に話題になり、現在も活用中です。最近ではイラン大統領選後の抗議活動に使われているとの報道があったので、Twitterの名前を聞いたことがある読者も多いでしょう。

Twitterは、短い文章(最大140文字)で情報を発信する「マイクロブログ(ミニブログ)」と呼ぶ米国生まれのソーシャルメディアです。2006年のサービス開始当初はネット分野の流行に敏感な一部の人たちが使い始めたに過ぎませんでした。それが今年4月には米国で1708万人、日本でも52万人にユーザーが拡大しています(ともにネットレイティングス調べ)。

Twitterの活用方法は色々とあります。テレビを見て感じたことや、今この瞬間にやっていることを発信する人がいれば、フッと頭に浮かんだアイデアをメモ帳代わりに書き込む人もいます。その様はちょうど心の中の「つぶやき(Tweet)」を声にしているようです。Twitterが備える、誰かのつぶやきを追いかける(フォローする)機能を使って、国内外の著名人のつぶやきを楽しむ人も少なくありません。

筆者がTwitterを使う主な目的は、情報収集とコミュニケーションの充実です。情報収集について言えば、ベンチャー企業社長、IT関連の記者やアナリスト、著名ブロガー、海外のニュースサイトなど約130件をフォローしており、それぞれの最新のつぶやきが私のパーソナルページに時系列で一覧表示されています(図1-1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

ビジネスパーソンのソーシャルメディア活用術—Part1情報収集から案件発掘まで IT系企業のマーケティングをお手伝いするという仕事柄もあり、mixiやFacebookといったSNS、最近話題のTwitterなど、国内外の新しいソーシャルメディアを積極的に使ってきました。その感想はというと、魅力的だし実用性も十分! ここでは、私が仕事の面で手放せなくなったTwitterとLinkedInを例に、実体験を紹介します。

PAGE TOP