[技術解説]

加速するパラダイムシフト—Part2

2009年8月18日(火)

インターネットの技術と文化が企業システムに革新迫る インターネットのサービスや技術の進化を個別に見ると、小さな動きにしか感じないかもしれない。だが、すべてを俯瞰したとき、ITが新たなパラダイムの入り口に差しかかっていることが浮き彫りになる。インターネットが企業システムに与えるインパクトを整理する。

電車や街中で携帯電話を片手にメールを送受信したり、Webサイトを閲覧したりする光景は、今では珍しくなくなった。待ち合わせ時刻までのわずかな空き時間に携帯電話のワンセグ放送を視聴する人も少なくない。

振り返れば、携帯電話のインターネットサービス「iモード」がスタートしたのは1999年のこと。それからわずか10年で携帯電話は一気に高機能化が進み、メール、Web、テレビを楽しめるモバイル端末として定着した。

このように真新しさといい、実装までのスピード感といい、消費者向けのIT環境が企業向けのそれよりはるかに先行くケースが目立って増えてきた。野村総合研究所の古明地正俊 技術調査部 グループマネージャーは「最近は端末やインフラだけでなく、特にソフト/サービスにおいて“産消逆転”の現象が多く見られるようになってきた」と話す([node:1120,title="Part3",unavailable="Part3(8月19日公開予定)"]を参照)。

企業動向
SNSをビジネスの武器に

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、ソフト/サービス分野で今まさに起きている産消逆転の典型例である。周知の通りSNSは元々、携帯電話やパソコンでネットに慣れ親しんだコンシューマが、ネット上で人脈を醸成・管理する用途で広がった。このため、あくまで「流行に敏感なコンシューマが飛びつくものでビジネス用途には向かない」と見る向きが大多数だった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

加速するパラダイムシフト—Part2インターネットの技術と文化が企業システムに革新迫る インターネットのサービスや技術の進化を個別に見ると、小さな動きにしか感じないかもしれない。だが、すべてを俯瞰したとき、ITが新たなパラダイムの入り口に差しかかっていることが浮き彫りになる。インターネットが企業システムに与えるインパクトを整理する。

PAGE TOP