[海外動向]

アメリカで浸透するSNSのビジネス利用—Part4

2009年8月20日(木)

サービス品質を高め、新規顧客も開拓 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は2003年ごろから若者の間で爆発的に普及してきた。この動きにビジネス界は当初、「SNSは若者たちの社交の場」と高をくくっていた。ところが近年、SNSを業務に利用する企業が急激に増えてきた。狙いは、顧客サービスの品質向上や新規顧客の開拓だ。

利用実態
ビジネスパーソンの5割が高い頻度でSNSを業務に利用

Network World誌は2009年1月、アメリカのビジネスパーソン583人を対象に、SNSの利用調査を実施した。それによると業務目的で「毎日」利用している人は20%に達し、「週に数回」使っている人の30%を加えると、回答者の実に半数が高い頻度でSNSを使い込んでいる実態が浮き彫りになった。

同じ調査から、どのSNSがビジネスパーソンに浸透しているかも明らかになった。週に数回以上SNSを使っているヘビーユーザーのうちLinkedInの利用者は63%、Facebookの利用者は44%だった(複数回答あり)。

LinkedInのアカウントを持つ人は世界に約3800万人で、中でもITベンチャーがひしめく米国シリコンバレーで活動するビジネスパーソンにはかなり浸透しており、この地での人脈を拡充するうえで不可欠のサービスになっている。実は筆者もユーザーの1人で、人脈づくりの道具として重宝している。

一方のFacebookは、2億人規模のユーザー数を誇る世界最大級のSNSだ。アメリカでは高校生のほどんとがFacebookを使って、遊びから勉強までさまざまな情報を学友とやり取りしている。Facebook内で見ず知らずの人と友人になるなど、好奇心旺盛な高校生ならではの活動も盛んだ。こうして培われた人脈(リンク)は、彼ら彼女らが社会に出てからの財産になり得る。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

アメリカで浸透するSNSのビジネス利用—Part4サービス品質を高め、新規顧客も開拓 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は2003年ごろから若者の間で爆発的に普及してきた。この動きにビジネス界は当初、「SNSは若者たちの社交の場」と高をくくっていた。ところが近年、SNSを業務に利用する企業が急激に増えてきた。狙いは、顧客サービスの品質向上や新規顧客の開拓だ。

PAGE TOP