[ユーザー会通信]

WingArc Technologies Users' Group【ウイングアーク テクノロジーズ】(第11回)

2009年8月26日(水)

サポーターの応援を受け2008年10月に設立 ユーザー主体の活動内容を企画しさらなるファンを獲得する場に 先の見えない経済不況。コスト削減のためにユーザー会活動をスローダウンさせるベンダーも少なくない。そんな中、新たにユーザー会を立ち上げたITベンダーがある。ウイングアーク テクノロジーズだ。

ウイングアークは1993年に帳票システムの開発、販売を手がける翼システムの1事業部としてスタート。着実に業績を伸ばし、帳票・レポーティングツールの専業ベンダーとして、2004年に翼システムから独立した。設立6年目のITベンダーながら、同社が提供する基幹系の帳票システム「SVF」、レポーティングツール「Dr.Sum EA」の2製品は知名度も高く、仕事の現場で熱心に使いこなす愛用者も多い。そんなサポーターからの応援を受け、昨年10月に発足したのが「WingArc Technologies Users'Group」である。発足時は12〜13社でスタート。まだ1年経っていないにもかかわらず、すでに20社を超えるまでに会員数を増やしている。

この時期に同社がユーザー会設立に踏み切ったのは、同社とユーザー企業双方の思いが一致したからだ。製品は市場に受け入れられ、ユーザー数は順調に伸びてきた。ところが、同社製品の多くはパートナー経由で販売されるため、ユーザーの生の声がなかなか届きにくく、逆に企業理念や開発姿勢など、同社からのメッセージもユーザーにうまく伝わらなくなりつつあった。そんな中、ユーザーからコミュニティを作ってほしいという声が聞こえ始め、ユーザー会の立ち上げへと至ったのである。

発足に先立ってはユーザーにヒアリングを試み、その声を反映させて活動内容はエンドユーザーを主体としたものとなっている。

活動のメインとなるのが、研究会活動だ。「SVF」「Dr.Sum EA」という製品別に研究会を年5回の割合で実施する。この研究会には開発メンバーも参加する。会員にとっては、製品に対する意見を直接言える場であり、その意見が製品に反映されていくことになる。一方、ウイングアーク側にとっては、会員の意見や要望を直接聞き、次なる製品のヒントを得る機会となる。双方にとってメリットのある場なのだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連記事

WingArc Technologies Users' Group【ウイングアーク テクノロジーズ】(第11回)サポーターの応援を受け2008年10月に設立 ユーザー主体の活動内容を企画しさらなるファンを獲得する場に 先の見えない経済不況。コスト削減のためにユーザー会活動をスローダウンさせるベンダーも少なくない。そんな中、新たにユーザー会を立ち上げたITベンダーがある。ウイングアーク テクノロジーズだ。

PAGE TOP