[新製品・サービス]

富士通とマイクロソフト、ミドルウェア分野で戦略協業

2009年8月4日(火)

富士通とマイクロソフトは2009年8月3日、ミドルウェア分野において初となる戦略協業に合意し、マイクロソフトの技術協力の下、富士通がソフトウェア製品を開発したと発表した。

ミドルウェア分野の戦略協業の第一弾として開発された製品は、富士通のグループウェア「Teamware」とマイクロソフトのコラボレーション基盤「Microsoft Office SharePoint Server」を組み合わせ、企業内の情報共有、効率的な情報活用を実現する統合コラボレーション製品「Teamware Collaboration Suite(チームウェア・コラボレーション・スイート)」。「Microsoft Office SharePoint Server」を組込んで開発した統合コラボレーション製品としては国内初となる。

両社は、今後もミドルウェア分野における協業を推進し、PCサーバ「PRIMERGY」とWindows Serverプラットフォームをベースとしたビジネスを拡大していく。また、両社の強みを活かし、利便性が高く業務効率を高めるソフトウェアを提供するという。

「Teamware Collaboration Suite」の特長は以下のとおり。

  1. 統合検索機能
    グループウェア、ファイルサーバ、ブログ、Wikiなどの格納場所やデータ形式を問わずに情報の統合検索ができる。既存システムに手を加えずに、既存資産を含めて分散している情報を検索できるため、新たなシステム構築が不要で、検索作業の利便性向上と検索時間の短縮が図れる。また、検索結果一覧を表示し、検索キーワードがどのように使われているか、ひと目で確認できる機能を搭載。
  2. タスク機能
    複数名への作業依頼、進捗管理、回答集計をまとめて実行できる。複数担当者の進捗状況(未処理、処理中、処理済)を一覧で確認できるほか、担当者の状況に応じてコメントし、個別に質問と回答のやりとりが行える。このタスク機能を使うことで、大量のメールに埋没することなく作業管理ができ、メール量の削減も可能。また、作業進捗をチームで把握することで、生産性向上と業務効率化を図る。
  3. Teamware Webパーツの提供
    メール、フォーラム(電子掲示板・会議室)、ライブラリ(電子キャビネット)、スケジュール管理など、「Teamware」の機能を情報ポータルから直接利用できる。基本機能はテンプレートの活用により、インストール後すぐに使用でき、豊富なWebパーツを自由に組み合わせることで、業務に則した情報ポータルを簡単に構築可能。利便性向上とシステム構築期間の短縮、開発コスト削減を実現する。

同製品の価格は98万円(税別)で、1ユーザーライセンスが2万2,000円(税別)~。

富士通
http://jp.fujitsu.com/
 

関連記事

富士通とマイクロソフト、ミドルウェア分野で戦略協業富士通とマイクロソフトは2009年8月3日、ミドルウェア分野において初となる戦略協業に合意し、マイクロソフトの技術協力の下、富士通がソフトウェア製品を開発したと発表した。

PAGE TOP