[新製品・サービス]

中堅企業向け拡販にらみ富士通/FJBと提携

2009年8月6日(木)

 ネットスイートは2009年8月5日、同社がSaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)形式で提供する統合業務システム(ERP)「NetSuite-Release J」の販売・サポートで富士通および富士通ビジネスシステム(FJB)と提携した。ネットスイートは前日の4日、SAPジャパンでマーケティング担当バイスプレジデントなどの要職を務めていた田村 元氏が新たに社長に就任したことを発表。新社長の体制下で中堅企業向けの拡販を加速する。

 国内における業務/業種ノウハウの獲得や販路拡大を図りたいネットスイート。一方で、中堅企業向けビジネスのてこ入れやSaaS事業への本格参入を急ぎたい富士通。それぞれの思惑の合致が提携の背景にある。ネットスイートは、富士通/FJBの販売スタッフ向けに技術指導などを実施。さらに今後は、国内企業向けのテンプレート作成や共同マーケティングを3社で推進する。

 富士通は中小企業向けERPの拡販をにらみ、09年10月にFJBの完全子会社化を発表。これに合わせて富士通の中堅向け主力ERPパッケージ「GLOVIA smart」の販売・製品開発企画機能をFJBに移管した。今回の提携により中堅企業向けERPの分野では、FJBを中核にパッケージ/SaaS双方で顧客のニーズに応じる体制が整う。

 ネットスイートはNetSuite-Release Jの販売目標として、「3年間で600ユーザー、そのうち今回の提携で500ユーザーの獲得を目指す」(田村氏)考えだ。

 NetSuite-Release Jは、財務会計や顧客関係管理(CRM)などERPとして必要な機能をSaaS形式で提供するものとして、08年12月に国内投入した。ワールドワイドで展開しているNetSuiteに、請求締め日の設定や日本の会計基準に準拠した財務諸表など国内企業向けの機能を追加している。

関連記事

中堅企業向け拡販にらみ富士通/FJBと提携 ネットスイートは2009年8月5日、同社がSaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)形式で提供する統合業務システム(ERP)「NetSuite-Release J」の販売・サポートで富士通および富士通ビジネスシステム(FJB)と提携した。ネットスイートは前日の4日、SAPジャパンでマーケティング担当バイスプレジデントなどの要職を務めていた田村 元氏が新たに社長に就任したことを発表。新社長の体制下で中堅企業向けの拡販を加速する。

PAGE TOP