[新製品・サービス]

マイクロソフト、「Windows Server 2008 R2」発売に向けた製品体系、参考価格、発売日を発表

2009年8月7日(金)

マイクロソフトは2009年8月6日、次期サーバーオペレーティングシステム「Microsoft Windows Server 2008 R2」の製品体系、参考価格と発売日を決定したと発表した。

「Windows Server 2008 R2」は、大規模データセンターから中小規模企業向けまで、多様な用途に対応する6つのエディションから構成され、同社はボリュームライセンスでの提供を2009年9月1日より、パッケージ製品の提供を2009年10月22日より開始する。

同製品の価格は、「Windows Server 2008 R2 Standard」が14万円(税別、ボリュームライセンス)、「Windows Server 2008 R2 Enterprise」が45万4,000円(税別、ボリュームライセンス)など。

また同社は、サーバー市場において、データセンター、仮想化および中小規模向けサーバーの3分野を注力分野と位置づけ、マイクロソフトの技術および販売トレーニングを修了したパートナーおよび対応ソフトウェアを提供する「Windows Server 2008 R2早期導入支援パートナー」22社とともに、Windows Server 2008 R2の早期導入を促進する。

対応ハードウェア、ソフトウェアは9月より、順次各パートナー企業から提供される予定。


Windows Server 2008 R2のエディションと価格
http://www.microsoft.com/japan/presspass/addcont.aspx?addid=1087

Windows Server 2008 R2 導入支援パートナー
http://www.microsoft.com/japan/presspass/addcont.aspx?addid=1088

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/
 

関連記事

マイクロソフト、「Windows Server 2008 R2」発売に向けた製品体系、参考価格、発売日を発表マイクロソフトは2009年8月6日、次期サーバーオペレーティングシステム「Microsoft Windows Server 2008 R2」の製品体系、参考価格と発売日を決定したと発表した。

PAGE TOP