[BPM ビジネスプロセス革新実践ガイド]

BPM:筋肉質で俊敏な企業になるために(第2章完結編)

2009年8月21日(金)

「2. BPMとは」(第2章中編)で言及したように、BPMでは情報システムの活用が大きな役割を果たします。BPMはその骨格をなす「可視化」の部分、つまりモデルをどのように作るかといった部分で人に依存するところも多く、すべてを情報システム化できるわけではありません。とはいえ、BPMのシステム化(BPMシステム)においては標準化したプロセスをシステム化し、さらにプロセスを相互に連携させることが可能です。これによりプロセス実行の効率化を図ることができます。

5.BPMと情報システム

ワークフローもBPMのシステム化の1つです。ワークフローとは、「全体的もしくは部分的にコンピュータを利用して、ビジネスプロセスを促進あるいは自動化すること」(注:ワークフロー関連仕様の標準化団体であるWfMC(Workflow Management Coalition)の定義)です。ワークフローシステムとも呼ばれます。

BPMシステムとワークフローを厳密に区別することは難しいのですが、ワークフローは「稟議書や交通費の精算など、複数人の間で書類を回覧して承認をもらう人間系の承認の仕組み」をシステムに載せることに主眼を置きます。一方、BPMシステムは「受発注や在庫管理など、特定の人がしている業務自体をシステム化して連携させる」ことに主眼が置かれています。この両者を組み合わせて活用する場合もあります。

なお一般的にBPMシステムと言った場合、ワークフローを包含したものであることを追記しておきます。

ここで1つ明記しておきますが、BPMシステムとは現在の業務を単にシステム化するものではありません。「標準化による効果」の項でも述べましたが、単なるシステム化の場合、使用頻度の高い低いにかかわらず似たようなシステムが乱立し、開発・保守にコストがかかる一方、システムが有効に利用されないということも起こります。ビジネスプロセスとして整理し「標準化」したものを対象とすることで初めて、BPMシステムは大きな効果を発揮できるようになります。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
BPM ビジネスプロセス革新実践ガイド一覧へ
関連記事

BPM:筋肉質で俊敏な企業になるために(第2章完結編)「2. BPMとは」(第2章中編)で言及したように、BPMでは情報システムの活用が大きな役割を果たします。BPMはその骨格をなす「可視化」の部分、つまりモデルをどのように作るかといった部分で人に依存するところも多く、すべてを情報システム化できるわけではありません。とはいえ、BPMのシステム化(BPMシステム)においては標準化したプロセスをシステム化し、さらにプロセスを相互に連携させることが可能です。これによりプロセス実行の効率化を図ることができます。

PAGE TOP