[BPM ビジネスプロセス革新実践ガイド]

BPMシステム化(第5章前編)

2009年9月11日(金)

[node:1177,title="第4章"]では「組織化」「業務の可視化」により、「人の手」によるBPMの実践方法を見てきました。これから説明する「BPMシステム化」では、情報システムを導入することによってBPMに取り組む具体的な方法を解説します。

1. 第5章を読む前に

多くの企業は現在、情報システムの構築に際して、業務部門の要求により業務パッケージ(ERPなど)を購入したあと、自社の業務に適合させるようカストマイズしたり、自社向けに個別のシステムを作り込んだりしています。しかも、カスタマイズやシステムの作りこみは外部のシステムインテグレータや情報子会社に任せており、自社の情報システム部門は、業務部門からの要求を受けて、外部のシステムインテグレータや情報子会社がシステム構築できるよう、システムに求められる機能要件の取りまとめや、既存の情報システムの運用のみ実施するケースがしばしば見受けられます。

背景には自社情報システム部門のスキル不足や人員の不足という事情もありますが、本質的な原因は、個々のシステムの仕組みがブラックボックス化されていることです。このため、システム機能を変更したり運用形態を変更する際に、自社情報システム部門はシステムの内部に手が出せず、実際に構築した外部のシステムインテグレータや情報子会社に依存せざる得なくなります。場合によっては、構築した外部のシステムインテグレータや情報子会社の技術者を、運用保守のために社内に常駐させねばなりません。つまり、自社の情報システムであるにもかかわらず外部業者に肝心な部分を握られ、環境変化に情報システムを迅速・柔軟に対応させてゆくことが難しくなるのです。

これに対してBPMのシステム化は、業務部門で実際に行われているビジネスプロセスを個々のプロセスもしくはサブプロセスごとに必要な機能を洗い出し、業務を遂行するための「一連の作業」として合理的な業務の流れを組立て、システム化します。言い換えれば、BPMシステムでは業務部門が必要とするビジネスプロセスをシステムとして構築するため、今まで情報システム部門担当者しか解らなかったシステムの動きが、業務部門の担当者にも理解できます。これにより今まで外部のシステムインテグレータなどに握られブラックボックス化されたシステムを、社内の情報システム部門と業務部門に取り戻すことができます。

さらにBPMシステムは、容易にビジネスプロセスを変更できるように構築されるため、PDCAサイクルに沿って既存のビジネスプロセスを改善し最適化させることが可能になります。また新しい流通ルートへの対応や新製品への対応など、企業をめぐる環境変化への迅速な対応を可能にし、競争優位確立への大きな力となります。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
BPM ビジネスプロセス革新実践ガイド一覧へ
関連記事

BPMシステム化(第5章前編)[node:1177,title="第4章"]では「組織化」「業務の可視化」により、「人の手」によるBPMの実践方法を見てきました。これから説明する「BPMシステム化」では、情報システムを導入することによってBPMに取り組む具体的な方法を解説します。

PAGE TOP