[BPM ビジネスプロセス革新実践ガイド]

BPMシステム化(第5章中編)

2009年9月18日(金)

BPMシステム構築プロジェクトは、一般的には多くの人的リソースと費用が必要となる大規模な活動です。しかし、最初から大きな投資をすることはリスクがあります。そのため、まず、第1ステップである「パイロットプロジェクト」という比較的小さいプロジェクトを実施することで、BPMシステム構築の一通りの作業を経験し、BPMシステムの効果をなるべく早く実感できるようにします。

3. 第1ステップ(パイロット・プロジェクト)

1) プロジェクトの規模

通常このプロジェクトは表1に示すような規模で実施します。

表1 第1ステップ(パイロットプロジェクト)の規模
体制 2~3名
業務部門1名(プロジェクトマネージャー)
情報システム部門1名
社外専門家1名(計画はコンサルタント、設計はシステムインテグレータの上級SE、開発はシステムインテグレータのSEもしくは上級プログラマーといったように、工程ごとに登場人物を変えることをおすすめします)
期間 6~8カ月
費用 500~1000万円
業務範囲 あるビジネスプロセスの一部(サブプロセス)
このプロジェクトで構築するシステムの特徴 ワークフロー図を作成、DB化し社内で共有
想定するソフトウェア及びハードウェア 社内で使用しているワークフロー機能の付いたグループウェアやビジネスプロセスモデリングツール

2) システム標準の策定

BPMをシステム構築し運用するうえで非常に重要な項目が、システム標準の策定です。

BPMシステムの最初の導入段階である第1ステップ(パイロットプロジェクト)において基本的なシステムを構築するために必要なシステム標準を策定する必要があります。前述したBPMの「業務の可視化」では、ビジネスプロセスについて作業の進め方を標準化しました。ここではビジネスプロセスのシステム化にあたり、そのシステムを構築するために必要となる「システム標準」を策定します。ここでいうシステム標準とは、プログラムの名前の付け方やユーザーインタフェース(画面のデザインや画面上のボタンの配置など)、プログラムの入出力の形式、コーディングの規則などを指します。その際、経験のあるベンダーやシステムインテグレータ、コンサルタントはシステム標準の雛形を持っていますので、それを活用することをお勧めします。

そして、第1ステップ(パイロットプロジェクト)で作成した標準を、第2ステップの「特定ビジネスプロセスプロジェクト」や第3ステップの「全社展開プロジェクト」を実施していく過程でブラッシュアップすることが重要です。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
BPM ビジネスプロセス革新実践ガイド一覧へ
関連記事

BPMシステム化(第5章中編)BPMシステム構築プロジェクトは、一般的には多くの人的リソースと費用が必要となる大規模な活動です。しかし、最初から大きな投資をすることはリスクがあります。そのため、まず、第1ステップである「パイロットプロジェクト」という比較的小さいプロジェクトを実施することで、BPMシステム構築の一通りの作業を経験し、BPMシステムの効果をなるべく早く実感できるようにします。

PAGE TOP