[CIO INSIGHT]

イノベーションにまつわる6つの誤解を解く

2009年9月1日(火)

Six Myths of Innovation By Samuel Greengard 「イノベーション」という言葉の意味を問えば、CIOの数だけ別の回答があるだろう。あなたがイノベーションに関して持っている知識が、すべて正しいとは限らない。CIO INSIGHTでは、専門家やCIOへのインタビューを基に、イノベーションにまつわる誤解をまとめた。(1)イノベーションの原動力はテクノロジーである、(2)イノベーションを追求すれば必ず現実のものとなる、(3)イノベーションの閃きは部外者の知見によってもたらされる、(4)ビジネスプロセスを社員にオープンにすると問題が起きる、(5)ITをビジネスに生かす方法はベンダーの方がよく知っている、(6)緊縮予算はイノベーションへの取り組みを阻害する、という6つの間違った理解だ。

誤解その(1)
イノベーションの原動力はテクノロジーである

多くの人がこの手の話を聞いたことがあるだろう。簡単に忘れてしまいがちだが、テクノロジーはイノベーションを実現する手段に過ぎない。ソーシャルネットワークやクラウドコンピューティング、仮想化といったトレンド技術は、イノベーションの本質ではない。

実際、闇雲にテクノロジーに手を出してしまうと、イノベーションの効果が拡散したり、希薄化してしまうだけでなく、余計な管理対象が1つ増えてしまうだけ、という結果に陥る可能性もある。保険業であるICWグループのケビン・ハリスCIOは、「多くのCIOは、採用すべきテクノロジーは決めていても、それで何を実現すべきかまで明確化できていない」と指摘する。

誤解その(2)
イノベーションを追求すれば必ず現実のものとなる

不幸なことに、正しいと思ったことをいくらやっても結果が伴わないことがある。企業はイノベーションチームを組織したり、従業員に興味あるアイデアを考えさせることはできる。だが本当に必要なことは、従業員が果敢にリスクをとったり、不確かなアイデアであっても追及してみたり、失敗を恐れなくてよい環境を用意することだ。アイデアを罵倒したり愚弄するような会議は、イノベーションの努力を無にする。「自由にものが言えない環境では、イノベーションは期待できない」とハリス氏は語る。

一方で、実現が難しいアイデアは早めの撤退が肝心だと同氏は指摘する。「何がうまくいき、何がうまくいかないかを常に分析し続けることが重要だ」。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

イノベーションにまつわる6つの誤解を解くSix Myths of Innovation By Samuel Greengard 「イノベーション」という言葉の意味を問えば、CIOの数だけ別の回答があるだろう。あなたがイノベーションに関して持っている知識が、すべて正しいとは限らない。CIO INSIGHTでは、専門家やCIOへのインタビューを基に、イノベーションにまつわる誤解をまとめた。(1)イノベーションの原動力はテクノロジーである、(2)イノベーションを追求すれば必ず現実のものとなる、(3)イノベーションの閃きは部外者の知見によってもたらされる、(4)ビジネスプロセスを社員にオープンにすると問題が起きる、(5)ITをビジネスに生かす方法はベンダーの方がよく知っている、(6)緊縮予算はイノベーションへの取り組みを阻害する、という6つの間違った理解だ。

PAGE TOP