[製品サーベイ]

大容量ファイルも手軽に送受信、暗号化などセキュリティにも配慮進む

2009年9月2日(水)

企業向けファイル転送サービス メールでは送信できないサイズの大きなファイルでも、手軽に送受信できるファイル転送サービス。当初は個人を中心に利用が広がったが、ここに来て、暗号化などのセキュリティへの配慮も進み、企業ユースに耐える機能を持ったサービスが充実してきた。最新サービスと選択のポイントを紹介する。

Excelで作成した見積書を取引先に送るといった場合、メールにファイルを添付して送るのが今や常套手段である。ただし、どんなサイズのファイルでも送れるわけではない。企業はサーバーやネットワークの負荷を軽減するため、「添付ファイルの容量は5MBを上限とする」といった制限を設けているのが一般的だ。このため、CAD図面などの大容量ファイルはメールでは送ることができない。

仮にメールで送れるサイズのファイルだとしても、それがとても重要なものだとメールに添付するのは躊躇してしまう。ネットワークの途中で第三者に盗み見/改ざんされる可能性は否定できない。そもそもセキュリティポリシーとして、個人情報を含むファイルや新製品開発にからむ設計データなど、機密性の高いファイルはメール添付を認めないという企業も増えている。とはいえ、逐一バイク便を頼んだり、複数の取引先と専用線を結んだりするのはコスト的に見合わない。

大容量もしくは機密性の高いファイルを安全確実、しかもメールのような手軽さで第三者に届けられないものかー。こうしたニーズに応えるものとして登場してきたのがファイル転送サービスである。当初は、「大容量ファイルの転送」だけを目的に個人用途のサービスとして広がった。最近では、通信路やファイルの暗号化といった2重3重のセキュリティ対策を施し、企業ユースにも耐えられるよう配慮したサービスが増えている。このレポートでは、最新のサービスと選択のポイントを見ていこう。

サービスは大きく2タイプ
サーバーを介して送受信

主要な企業向けファイル転送サービスを表1に示した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

大容量ファイルも手軽に送受信、暗号化などセキュリティにも配慮進む企業向けファイル転送サービス メールでは送信できないサイズの大きなファイルでも、手軽に送受信できるファイル転送サービス。当初は個人を中心に利用が広がったが、ここに来て、暗号化などのセキュリティへの配慮も進み、企業ユースに耐える機能を持ったサービスが充実してきた。最新サービスと選択のポイントを紹介する。

PAGE TOP