[木内里美の是正勧告]

過剰反応による本質の喪失と無駄(vol.12)

2009年9月7日(月)

以前、「情報システムに無謬性は有り得ない」ことを、本欄で指摘した(2008年12月号)。しかし無謬性を求めて莫大な予算と要員を投じているシステムは、今なお少なくない。

典型例が金融関連システムである。背景を金融関係者に訊ねてみると、2つの理由がある。1つは顧客サービスや決済サービスなど、金融機能が損なわれることに対し、極めて過敏になっていること。最近はATM(現金自動預け払い機)を計画的に停止してテストを行うこともあるが、マスコミはこれ自体を顧客サービスの低下だと非難調に書く。問題なくリリースできた時には、ほとんど記事にならず、トラブルを待ち受けている様子がありありだから、余計に神経質になる。

膨大な社会コストをどう避けるか

もう1つは過剰仕様(オーバースペック)。2002年4月にシステム統合に伴う大きなトラブルが社会問題にまで発展した事例があった。2002年12月には金融庁が「システム統合リスク管理態勢の確認検査用チェックリスト」を検査局内の検査官向けに通知し、システム統合リスクの立ち入り検査での確認検証を求めている。

立ち入り検査がどのくらい精緻かつ執拗に行われているかの実態はさておき、リストにある32項目の内容は内部統制で求めている基本的な体制や取り組みと同様のことが示されていて、納得できるものである。ところが金融機関はこのリストに過敏に反応。開発依頼を受ける作り手側からみると、使われない機能もたくさん要求されるためシステムは複雑化し、バグと無駄が増えているという。

これに対し米国金融機関のATMは通常、預金の引き出しに20ドル札しか出てこない。預け入れではATMは紙幣を識別せず、別途に用意された専用封筒に現金を入れて投入する方式。後日、行員が現金を確認して口座に入力する。米国では高額紙幣が使われないとか、日米で預貯金文化と小切手文化の違いがあるとはいえ、至れり尽くせりの顧客サービスが管理コストを高め、顧客への負担を強いることになる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

過剰反応による本質の喪失と無駄(vol.12)以前、「情報システムに無謬性は有り得ない」ことを、本欄で指摘した(2008年12月号)。しかし無謬性を求めて莫大な予算と要員を投じているシステムは、今なお少なくない。

PAGE TOP