CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[私の本棚]

SFバカ本 宇宙チャーハン篇ほか-セガ 松田 雅幸氏が選ぶ1冊

2009年9月28日(月)

ビジネス本やノウハウ本、小説などジャンルを問わず、年間250〜350冊ほど読みます。通勤中の電車の中など、すきま時間を見ては読んでいます。いつもかばんに2〜3冊入れていて、そのときの気分や状況で選ぶんですよ。3分しかなければノウハウ系、まとまった時間をとれるなら小説、といった感じです。

SFバカ本 宇宙チャーハン篇SFバカ本 宇宙チャーハン篇
岬 兄悟 ほか 著、 大原 まり子 編
ISBN:978-4840101738
メディアファクトリー
1470円

よく、古本屋を利用します。随分前に出版されて、今では手に入らないような古い本との出会いがありますから。ただ、このところ通勤経路に古本チェーン店が増えましてね。店によって品ぞろえが違うので各店を定期的にチェックするんですが、おかげで大変なことになっています。目についた本をどんどん買ってしまって、読むのが追いつかないんですよ。今、自宅には未読の本が1000冊以上、段ボールの中で眠っています。ええ、家族に「なんとかして」と怒られています(笑)。

最近、「方式設計」について毎日考えています。方式設計とは、ハード・ソフトのアーキテクチャや実装方針を決定する技法のこと。それで気づいたのは、ウィトゲンシュタインが「論理哲学論考」で述べていることは、この方式設計の重要性につながるということです。この世にあるものはすべてオブジェクトであり、それを捨象してモデル化し説明するのが言語である。ウィトゲンシュタインはそう言います。ITに携わる人は必読の1冊だと思います。と言っても、この話に乗ってくれる人は、まだ2〜3人しかいませんが(笑)。

早稲田大学と関東学院大学のラグビー部は、2001年から6年連続で大学選手権決勝で顔を合わせ、死闘を繰り広げました。両チームを当時率いていた監督2人の対談をまとめたのが、 「清宮克幸・春口廣対論 指導力」です。

学生スポーツは、毎年メンバーが変わります。つまり、1年でチームを作り直さなければならないわけです。そんな厳しい条件下で、2人の指導者はどのようにメンバーのモチベーションを高めたのか。両氏が、様々なエピソードを振り返りながら語っています。私のようなラグビー好きにはたまらない1冊ですが、そうでない人もチーム作りや部下の育成という観点で非常に参考になるはずです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
私の本棚一覧へ
関連記事

SFバカ本 宇宙チャーハン篇ほか-セガ 松田 雅幸氏が選ぶ1冊ビジネス本やノウハウ本、小説などジャンルを問わず、年間250〜350冊ほど読みます。通勤中の電車の中など、すきま時間を見ては読んでいます。いつもかばんに2〜3冊入れていて、そのときの気分や状況で選ぶんですよ。3分しかなければノウハウ系、まとまった時間をとれるなら小説、といった感じです。

PAGE TOP