[新製品・サービス]

住友電工情報システム、エンタープライズサーチ「QuickSolution」の新バージョンを販売開始

2009年9月1日(火)

住友電工情報システムは2009年8月31日、Lotus Notesとの連携機能を大幅に強化したエンタープライズサーチ「QuickSolution Ver.7.1」を開発し、同日より販売を開始すると発表した。同製品では、おもにNotesユーザ向けの機能、性能の向上が図られていて、Notesデータに対するインデックス更新時間の短縮、Notesの連携検索がさらに容易になった。

「QuickSolution Ver.7.1」の特長は以下ののとおり。

  1. Notesクライアント方式インデキシング対応
    Lotus Notesと連携して検索を行う際に、従来のHTTPアクセス方式に加えてNotesクライアント方式で接続可能に。これによりインデックス更新時間が短縮されるほか、Lotus Notes/Dominoサーバ側での設定作業がほとんど不要となり、簡単にNotes連携検索が実行できる。
  2. Lotus Notes/Domino R8.5対応
    Lotus Notes連携において、Lotus Notes/Domino R8.5に対応。
  3. 認証サーバでの実行ユーザを専用の管理ツールにて設定可能
    従来手動で設定していた認証サーバの実行ユーザを、管理ツールから設定可能。
  4. Web APIにおいて、まとめたプログラミングの属性検索条件のサポート
    Web APIにおいて、まとめたプログラミングの属性検索条件を指定可能にした。
  5. Internet Explorer 8のサポート
    クライアントの動作環境として、Internet Explorer 8をサポート。

同製品の本体標準価格は、80~500万円(税別)。同社は年間6億円の売上を見込む。


住友電工情報システム
http://www.sei-info.co.jp/

QuickSolution製品ページ
http://www.sei-info.co.jp/QuickSol/
 


 

関連記事

住友電工情報システム、エンタープライズサーチ「QuickSolution」の新バージョンを販売開始住友電工情報システムは2009年8月31日、Lotus Notesとの連携機能を大幅に強化したエンタープライズサーチ「QuickSolution Ver.7.1」を開発し、同日より販売を開始すると発表した。同製品では、おもにNotesユーザ向けの機能、性能の向上が図られていて、Notesデータに対するインデックス更新時間の短縮、Notesの連携検索がさらに容易になった。

PAGE TOP