法制度対応/CSR 法制度対応/CSR記事一覧へ

[イベントレポート]

「日本企業は、日本流の“CSR”や“美”を追求すべき」――日本IBM主催のフォーラムで経産省情報経済課の前田氏が提唱

2009年9月1日(火)

 「六本木ヒルズに住む友人がいた。彼に『休日は何をして過ごすの?』と聞くと、『文庫本を読む。ただしプライベートジェットに乗って温泉地に行き、風呂に浸かりながら』という答が返ってきた。それがほんまに日本人の理想かと思う。文庫本を読むんやったら、そんなややこしいことせずに、ジェットなどに乗らずに、自宅で読めばええやん、と(笑)」。

 日本IBM主催のフォーラム「IBM SMARTER PLANET FORUM」に、経済産業省情報経済課の前田泰宏課長が登壇、「2050年世界~グローバルに展開する新しいインフラ構築競争市場に向けて~」と題する基調講演を行った。前田氏は経産省の中で情報政策通として知られる官僚の1人。冒頭のコメントはその一コマだ。

 ただし前田氏の話のポイントは、ITバブルや金融バブルの批判にはない。むしろ今や利益至上主義、市場原理主義が通用する時代ではないとの前提に立ち、それに代わる新たなパラダイムを提示しようとしたものだ。前田氏のいう、新しいパラダイムとはどんなものか。キーワードを拾い出すと、「日本美の追求」「ネイチャーグリッド」「信頼資本、生命経営、感性市場」といったものになる。長文になるが、できるだけ話の流れに忠実に講演内容を記してみよう。なお、実際の講演はウィットに富んだものだったが、すべてを再現したわけではない点をご容赦頂きたい。

講演はまず、今回の基調講演を引き受けた理由から始まった。

 「私は地域の中小企業が20人、30人で行う講演は受けているが、(大手)企業からの講演依頼は原則として断っている。ではなぜ本日の講演を引き受けたか。しかも最近放映されているテレビドラマ、「官僚たちの夏」を見ると、昭和30年代、日本IBMと経産省は敵対していたのに、である。実はこのドラマを伊豆・天城にある日本IBMの研修所で見ていたのだが(笑)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「日本企業は、日本流の“CSR”や“美”を追求すべき」――日本IBM主催のフォーラムで経産省情報経済課の前田氏が提唱 「六本木ヒルズに住む友人がいた。彼に『休日は何をして過ごすの?』と聞くと、『文庫本を読む。ただしプライベートジェットに乗って温泉地に行き、風呂に浸かりながら』という答が返ってきた。それがほんまに日本人の理想かと思う。文庫本を読むんやったら、そんなややこしいことせずに、ジェットなどに乗らずに、自宅で読めばええやん、と(笑)」。

PAGE TOP