アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

カシオ計算機、人物像の把握を実現する「人財活用支援システム iTICE」を発表

2009年9月17日(木)

カシオ計算機は2009年9月15日、独自のプロファイリングによる人財データベースを構築することで、人物像と組織の変化を時系列で把握することを可能にし、事業責任者の登用や機構改革の立案など、経営戦略の遂行を支援するシステム『人財活用支援システム iTICE(アイティス)』を開発したと発表した。本製品は、新会社カシオヒューマンシステムズ(営業開始日:2009年10月1日)より販売される。

従来、社内人事データベースに登録されている社員データは、主に職歴(異動歴)や顕在能力(公的資格や評価履歴など)などの表面的な人事管理情報に留まっている。キャラクター(性格・人格など)やモチベーション(やる気・価値観など)に関する情報は、昇進時など必要に応じて収集されることもあるが、データベース上で定量的に把握することは困難とされてきた。

『人財活用支援システム iTICE』は、適性・EQ・メンタルヘルスの診断や社内アンケートを定期的に実施し、その結果を蓄積していくことで、能力・キャラクター・モチベーションの3要素によりプロファイリングした“人財”のデータベースを構築する。さまざまな視点からの人物像分析を実現する新しい発想のシステムである。

本製品は、特定の人物名をキーワードにして、その人物と3要素が近似した候補者を選出する機能を装備しており、例えば「昨年のプロジェクトを成功させた人物と要素が近い人」といった視点で検索できる。また、時間軸に沿って人物像や組織像を分析する機能の搭載により、人や組織の変化を把握し、人事異動や機構改革に伴う効果の診断に役立てることもできる。

「人財活用支援システム iTICE」の特長は次のとおり。

  • 能力・キャラクター・モチベーションの3要素でプロファイリングを行う人財データベース
  • 充実した検索機能により新規事業など経営戦略実現に必要なキーマン選抜を支援
  • 人物はもちろん組織についても能力・特性の定量的な把握が可能
  • 時間軸に沿った分析により人事異動や機構改革に伴う効果も診断
  • 適性・EQ・メンタルヘルス診断や社内アンケート調査を定期実施するためのツールを提供

適性・EQ・メンタルヘルス診断を定期的に実施するためのツールは、各分野に精通した企業との協業によるもので、『iTICE』用のコンテンツとして販売される。その主なコンテンツは次のとおり。

【 適性診断 】(主な対応要素:能力・キャラクター)
『CUBIC』<エージーピー>
さまざまな角度から正確かつ迅速に組織活性化、人的資源の活用に役立つデータを提供する適性試験。試験結果を基に、指導や組織作成に活用することで、人材の有効活用と組織の活性化を支援する。

【 EQ診断 】(主な対応要素:能力・モチベーション)
『EQI(行動特性)検査』<イー・キュー・ジャパン>
人材育成用に設計されたEQアセスメント。個人や組織のモチベーション、コミュニケーションスタイルなどの傾向を把握でき、繰り返し活用することによって個人や組織の変化も確認できる。

『nEQ』<財団法人労務行政研究所>
日本人のために開発されたEQアセスメント。自己対応能力、他者対応能力の他、社会性(社会の一員として生きる能力)、精神性(心豊かに生きる能力)など、きめ細かな測定が可能。

【 メンタルヘルス診断 】(主な対応要素:モチベーション)
『ココロ元気チェック64』<ウェルリンク>
健康チェックSelfの豊富な実績を基に開発。64問の質問に答えることで、職場でのストレス状態やストレス対応力、心身の健康状態等を判定し、個々人に適したストレス対策をアドバイスする。

【 アンケート調査 】<カシオヒューマンシステムズ オリジナル>
オリジナルの設問を管理者が簡単に入力でき、社内の意識調査など独自のヒアリング調査が行える。

【 目標管理/キャリア申告/チャレンジ選択 】<カシオヒューマンシステムズ オリジナル>
社員毎の目標/キャリア/チャレンジテーマと、それぞれ対応する実績を時系列で管理できる。

「人財活用支援システム iTICE」の参考価格(税抜き)は次のとおり。

従業員数1000名の場合の初期導入費用は、1035万円~。
内容は、人財データベースソフト+コンテンツ3種類(適性診断・メンタルヘルス診断・EQ診断が各1)、EQ診断は全2種類から1種類を選択。ハードウェア・OS・保守費用等は含まれない。

「人財活用支援システム iTICE」の動作環境は次のとおり。

サ-バ : Microsoft Windows Server 2003 R2 / Microsoft Windows Server 2008。
クライアント : Internet Explorer 6.0 SP1以上。


カシオ計算機
http://www.casio.co.jp/

関連記事

カシオ計算機、人物像の把握を実現する「人財活用支援システム iTICE」を発表カシオ計算機は2009年9月15日、独自のプロファイリングによる人財データベースを構築することで、人物像と組織の変化を時系列で把握することを可能にし、事業責任者の登用や機構改革の立案など、経営戦略の遂行を支援するシステム『人財活用支援システム iTICE(アイティス)』を開発したと発表した。本製品は、新会社カシオヒューマンシステムズ(営業開始日:2009年10月1日)より販売される。

PAGE TOP