デジタルマーケティング デジタルマーケティング記事一覧へ

[新製品・サービス]

ビルコムとCGMマーケティング、マーケティング支援サービス「TwitterPR」販売を発表

2009年9月18日(金)

マーケティング支援会社のビルコムは2009年9月16日、CGMマーケティングと共同で、同日より「TwitterPR」の販売を開始すると発表した。「TwiiterPR」は、両社が、集客、運用、効果測定を一貫して提供する。ビルコムがWeb上でのPRを展開し、CGMマーケティングがTwiiter内で広告配信を行い、短期間で効率的に企業のTwitterアカウントへの集客を図る。またビルコムが、Twitter運用支援ツール「tweetmanagerβ版」を利用し、投稿の企画・制作・配信を実施する。

2006年に米国でサービスを開始したTwitterは、2008年4月に日本版のサービスを開始して以来、ユーザー数は順調に増えている。そして、ユーザー数の増加に伴い、企業のCRM(Customer Relationship Marketing)活動として活用され始め、今後、国内でも既存顧客との関係を強化するツールとして活用されることが予想されている。一方で、企業がTwitterを活用したマーケティング活動を実施する上で、自社のTwitterアカウントへの集客と、ユーザーとの関係を維持する定常的な運用負荷が課題となっている。

「TwitterPR」サービスの特長は次のとおり。

  1. 広告とPRの連動により、短期間で集客が可能
    ビルコムが、企業のTwitterアカウント開設をPRすることで、Twitterを利用していないユーザーへ認知を図ることが可能となる。またCGMマーケティングがTwitter上でバナー広告枠の配信とナビゲーションサイト「twinavi」でのアカウント告知をすることで、既存Twitterユーザーを企業のTwitterアカウントへ誘引することが可能となる。
  2. 投稿(つぶやき)の企画・制作・配信により、定常的な運用支援を実現
    ビルコムが200社以上の取引で蓄積したメッセージ開発力を活かし、ユーザーの視点に立った、投稿(つぶやき)を企画・制作・配信し、Twitterの定常的な運用を支援する。
  3. 費用対効果を検証できる効果測定が可能
    ニュース露出数、ブログ露出数、投稿(つぶやき)からのクリック数などの効果測定が可能となり、Twitterのマーケティング効果を検証できる。

提供サービスの内容は次のとおり。

【集客支援サービス】

  • Web PR(PRメッセージ開発、プレスリリース配信、リリース配信後フォロー)。
  • Twitter内広告枠およびナビゲーションサイト「twinavi」でのアカウント告知枠。

【運用支援サービス】

  • アカウント運用支援ツール「tweetmanagerβ版」の利用。
  • アカウント運用(配信メッセージ企画・制作・配信・効果測定)。

【効果測定】

  • 効果測定(ニュース露出数、ブログ露出数、フォロー数、Tweet(つぶやき)からのクリック数等)。
  • 効果測定レポートの作成・提出。

販売価格は、350万円~。

両社は今後、企業のマーケティング部、宣伝部などをターゲットとし、初年度10件以上の導入を目指すとしている。


ビルコム
http://www.bil.jp

CGMマーケティング
http://www.cgmm.co.jp/

関連記事

ビルコムとCGMマーケティング、マーケティング支援サービス「TwitterPR」販売を発表マーケティング支援会社のビルコムは2009年9月16日、CGMマーケティングと共同で、同日より「TwitterPR」の販売を開始すると発表した。「TwiiterPR」は、両社が、集客、運用、効果測定を一貫して提供する。ビルコムがWeb上でのPRを展開し、CGMマーケティングがTwiiter内で広告配信を行い、短期間で効率的に企業のTwitterアカウントへの集客を図る。またビルコムが、Twitter運用支援ツール「tweetmanagerβ版」を利用し、投稿の企画・制作・配信を実施する。

PAGE TOP