[市場動向]

大手9社のM&AからITの未来を“透視”する

2009年10月8日(木)

激化する「ニッチの基幹技術」獲得合戦 1990年代後半から2000年代前半にかけてIT業界で繰り広げられた大型M&Aの時代は終わった。 今、大手ITベンダーによる買収の矛先は、革新的な情報システムを支えるのに欠かせない「ニッチの基幹技術」に移っている。 シスコシステムズ、EMC、HP、IBM、マイクロソフト、NTTデータ、オラクル、SAP、シマンテックのM&Aマップを基に、ITの未来を“透視”していこう。

この10年余りの間に繰り返された大型M&Aで、IT業界の勢力図は大きく塗り替わった(図)。古くはコンパックが1997年に超並列マシンのタンデムコンピューターズを買収し、翌1998年にはミニコンで名を馳せたディジタル・イクイップメント(DEC)を手に入れた。短期間でサーバー分野を強化すると共に事業規模を拡大したコンパックだが、2002年にはライバルのヒューレット・パッカード(HP)によって買収されるという経緯を歩んだ。

大きな話題となったIT業界の主な買収案件
図 大きな話題となったIT業界の主な買収案件

2003年以降は、ソフトウェア分野で大型M&Aが急ピッチで進んだ。火をつけたのはERPパッケージ大手ピープルソフトだった。トヨタ自動車の基幹系システムで採用されるなど国内でも存在感を高めていた同社は2003年、競合するJ.D.エドワーズに対して買収をしかけ、世界2位のERPパッケージベンダーとなった。

その後、本格的に攻勢に出たのが、データベースベンダーのオラクルである。2005年に前述のピープルソフトを手中に納めると、翌2006年にCRM(顧客関係管理)ソフトのシーベル・システムズ、2007年に多次元データベースソフトや分析ツールを持つハイペリオン・ソリューションズ、2008年にアプリケーションサーバーソフトのBEAシステムズを立て続けに買収。そして2009年4月、経営基盤がぐらついたサン・マイクロシステムズを買収すると発表した。

オラクルの派手な動きに影がかすみがちだが、IBMとマイクロソフト、SAPも最近の3年間で大型M&Aを完了している。IBMとSAPはそれぞれ、BI(ビジネスインテリジェンス)ソフト大手のコグノスとビジネスオブジェクツを2007年に買収済みだ。マイクロソフトは2008年にエンタープライズサーチ大手のファスト・サーチ&トランスファを傘下に収めた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

大手9社のM&AからITの未来を“透視”する激化する「ニッチの基幹技術」獲得合戦 1990年代後半から2000年代前半にかけてIT業界で繰り広げられた大型M&Aの時代は終わった。 今、大手ITベンダーによる買収の矛先は、革新的な情報システムを支えるのに欠かせない「ニッチの基幹技術」に移っている。 シスコシステムズ、EMC、HP、IBM、マイクロソフト、NTTデータ、オラクル、SAP、シマンテックのM&Aマップを基に、ITの未来を“透視”していこう。

PAGE TOP