[市場動向]

IBM—メガベンダーのM&Aポートフォリオ

2009年10月15日(木)

ソフトの主要5ブランド強化と共に情報活用分野に新機軸 IBMはM&Aによる「ニッチの基幹技術」獲得合戦にいち早く乗り出したメガベンダーの1社だ。

同社は1990年代初めにメインフレーム事業という屋台骨がぐらついたのを機に、ハードウェア事業からソフト/サービス事業へと大きく舵を切った。ソフト事業においては、グループウェアのロータス(1995年)、システム運用管理のチボリシステムズ(1996年)、データウェアハウスのインフォミックス・ソフトウェア(2001年)、システム開発基盤のラショナルソフトウェア(2003年)を次々と買収。これらは同社のソフト主要5ブランド「Information Management」「WebSphere」「Tivoli」「Rational」「Lotus」の核となっている。

IBMは2004年以降、60社(製品単独の買収を含む)を買収しており、うち45社がソフト5ブランドを強化するためのものである。その中にはコグノスやアイログ、SPSSといった有名ベンダーもある。しかし、大半は特定の技術を強みにしてきたテクノロジーベンダーばかりだ。

例えば、Ascential SoftwareやData Mirrorの買収を通じて、マスターデータ管理に欠かせないデータクレンジング機能とデータ統合基盤をInformation Managementのポートフォリオに追加した。また、UMLモデリングやモデル駆動型開発のTelelogicを買収し、Rationalのポートフォリオを充実させた。

一方、サービス事業は2002年のPwCコンサルティングの買収を契機に、調達業務のアウトソーシングや医療向けコンサルティングなど13の事業者を買収している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

IBM—メガベンダーのM&Aポートフォリオソフトの主要5ブランド強化と共に情報活用分野に新機軸 IBMはM&Aによる「ニッチの基幹技術」獲得合戦にいち早く乗り出したメガベンダーの1社だ。

PAGE TOP