[市場動向]

Microsoft—メガベンダーのM&Aポートフォリオ

2009年10月16日(金)

「ソフトウェア+サービス」戦略を実現するための買収を加速 社名とは裏腹に、大規模かつ複雑な業務ソフト群を擁する米マイクロソフト。OSのみならず、データベース、業務アプリケーションなど、企業情報システムを広範にカバーする。

コラボレーション、運用管理、セキュリティなど企業情報システムに必要とされる領域で製品追加や機能拡充を次々と実現する背景には、旬のベンチャー企業の計画的な買収がある。

「Microsoft」というブランドを生かした巧みなマーケティング戦略も手伝ってか、マイクロソフトが自社開発して投入したように見受けられる製品も、実は買収によって獲得したものであることも多い。例えばERPパッケージのDynamicsシリーズ。その大半は、第2次ERPブームが巻き起こった2000年代初頭に相次いで買収したGreat Plains Software、Navision Softwareが保有していた製品群だ。

現在も積極的に買収を進めるが、その方向性は「ソフトウェア+サービス」という同社の戦略に基づいている。今後のクラウドシフトを睨み、オンプレミス(自社導入)のシステムと、クラウドで提供するサービスを連携させたハイブリッド型の情報システム像を描き、そこに必要な要素技術を持つ企業を買収のターゲットとする。

デスクトップ/アプリケーション仮想化の分野を強化するため、Calista Technologiesを買収したのはその一例だ。企業が扱うデータ量が爆発的に増える中、オンプレミス/クラウドともにDB技術の強化が欠かせない。この点ではDWHアプライアンスのDATAllegro買収で獲得した技術をSQL Serverに統合することも解決策の1つとする。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Microsoft—メガベンダーのM&Aポートフォリオ「ソフトウェア+サービス」戦略を実現するための買収を加速 社名とは裏腹に、大規模かつ複雑な業務ソフト群を擁する米マイクロソフト。OSのみならず、データベース、業務アプリケーションなど、企業情報システムを広範にカバーする。

PAGE TOP