[市場動向]

【アナリストの眼】「原石探し」の買収が増える―アイ・ティ・アール内山氏に聞く

2009年10月23日(金)

ユーザーは製品研究を怠るな IT業界で繰り広げられる買収劇を、アナリストはどう見ているのか。その背景や今後のトレンド、ユーザーが受ける影響について聞いた。

内山 悟志 氏 アイ・ティ・アール 代表取締役
内山 悟志 氏

大手ITベンダーがこれまで繰り広げてきた買収劇を見ると、大きく2つの動機が見て取れる。1つは「顧客ベース」を手中に収める目的であり、もう1つは自社の製品ポートフォリオを充実させる技術確保の買収だ。加えて言うなら、競合に買われるぐらいなら自社が買ってしまおうという防衛的買収もなくはないが、それだけを目的とすることは希である。

度重なる買収の結果、昨今のIT業界は、メガベンダー数社による寡占化が進んだ。具体的にはオラクル、SAP、HP、IBM、マイクロソフト…。これら企業の頭文字を取ってOSHIM(オシム)という呼称もあるぐらいだ。

結果、すでに顧客ベースを持っていて格好の買収対象となるベンダーは市場からほとんど姿を消してしまった。必然的に、今後の買収は技術確保の案件が中心になる。

日進月歩のIT業界では、まだまだ新しい技術分野が出てくる。その黎明期にはベンチャーが群雄割拠し、数10社が数パーセントのシェアを分け合う状態が続く。やがて新市場として認知されるころ、その中のプレーヤーの数社が頭角を現す。まさにこのタイミングで、OSHIMをはじめとする大手が触手を伸ばすわけだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【アナリストの眼】「原石探し」の買収が増える―アイ・ティ・アール内山氏に聞くユーザーは製品研究を怠るな IT業界で繰り広げられる買収劇を、アナリストはどう見ているのか。その背景や今後のトレンド、ユーザーが受ける影響について聞いた。

PAGE TOP