[ユーザー会通信]

ジャストシステム・エンタープライズソリューション協議会(JECS)【ジャストシステム】第13回

2009年10月27日(火)

「協議会」の名に相応しい徹底した議論を展開 会員の声を聞き製品に磨きをかける 1998年に提供を開始したジャストシステムのエンタープライズサーチ製品「ConceptBase」。順調にユーザーを増やし、発売から2年ほど経った頃には、成功事例を紹介してほしいというユーザーからの話が相次ぐようになった。開発サイドからもユーザーニーズをダイレクトに吸い上げたいという要望が多くあり、2001年、「ジャストシステム・エンタープライズソリューション協議会(以下、JECS)」が設立された。会員はNOK、第一三共といった大手のユーザーをはじめとして、さまざまな業種にわたり、現在では約200社300名に上る。

JECSはその名を「協議会」としているように、ユーザー同士の親睦が目的ではない。コンセプトは「徹底して議論する場」だ。成功事例の共有とニーズの吸い上げにとどまらず、徹底的な深い議論を繰り広げ、バージョンアップや機能向上に反映させていくことで、ジャスト、会員企業双方のメリットを追求する。

一般的なユーザー会は、活動を会員企業の自主性に委ねるケースも多いが、JECSでは少し趣が異なる。

設立当時、代表取締役社長だった浮川和宣氏が初代会長に就任したのも、ユーザー会としては異色と言える。JECSでは社長自らがユーザー会長に就き、会を引っ張っていくことを選んだのだ。浮川氏は研究会活動にも出席。積極的に活動を盛り上げる役割を担っている。

活動の中心は研究会だ。情報共有におけるXML活用勉強会、検索エンジン利用ノウハウ研究会、情報活用戦略研究会の3研究会と、CB活用塾、FAQ活用塾の2つのワークショップがある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連記事

ジャストシステム・エンタープライズソリューション協議会(JECS)【ジャストシステム】第13回「協議会」の名に相応しい徹底した議論を展開 会員の声を聞き製品に磨きをかける 1998年に提供を開始したジャストシステムのエンタープライズサーチ製品「ConceptBase」。順調にユーザーを増やし、発売から2年ほど経った頃には、成功事例を紹介してほしいというユーザーからの話が相次ぐようになった。開発サイドからもユーザーニーズをダイレクトに吸い上げたいという要望が多くあり、2001年、「ジャストシステム・エンタープライズソリューション協議会(以下、JECS)」が設立された。会員はNOK、第一三共といった大手のユーザーをはじめとして、さまざまな業種にわたり、現在では約200社300名に上る。

PAGE TOP