[新製品・サービス]

バッファロー、RAID搭載 iSCSI対応ハードディスク6製品を発表

2009年10月8日(木)

バッファローは2009年10月7日、RAID機能搭載 iSCSI対応ハードディスク「テラステーション IS」のラインナップで新しく、サーバーの増設ディスクとして利用可能な「TS-IXL/R5シリーズ」(縦置きモデル、2TB・4TB)、および「TS-RIXL/R5シリーズ」(1Uラックマウントモデル、2TB・4TB・6TB・8TB)の計6製品を発売すると発表した。同社の従来モデル比で約1.5倍の転送速度94MB/秒を実現しているとのこと。

発売される製品の型番と希望小売価格は、下表のとおり。出荷予定時期はいずれも2009年10月中旬(「TS-RIX8.0TL/R5」のみ受注生産)。


■縦置きモデル「TS-IXL/R5シリーズ」
 

型番 容量 希望小売価格
TS-IX2.0TL/R5 2.0TB 16万円
TS-IX4.0TL/R5 4.0TB 29万円

 

■1Uサイズ ラックマウントモデル「TS-RIXL/R5シリーズ」
 

型番 容量 希望小売価格
TS-RIX2.0TL/R5 2.0TB 20万円
TS-RIX4.0TL/R5 4.0TB 33万円
TS-RIX6.0TL/R5 6.0TB 43万円
TS-RIX8.0TL/R5(受注生産) 8.0TB 58万円

 

発表による製品の特徴は以下のとおり。
iSCSI規格対応

  • IPネットワーク接続:既設のIPネットワークに接続して利用できる
  • PC/サーバーに「iSCSIイニシエーター」をインストールすることによりローカルディスクとして利用可能
  • 94MB/秒の転送速度(2009年10月同社調べ)

複数の内蔵ドライブにデータを書き込み、保護するRAID機能

  • 「RAID10モード」、「RAID5モード」、「ミラーリング(RAID1)モード」、「ストライピング(RAID0)モード」、「ノーマルモード」の全5モードをサポート(出荷時設定はRAID5モード)

ハードなアクセスに応える熱設計

  • エアフロー:筐体内で熱源となるドライブ・電源・基板の配置を放熱しやすいよう最適化。さらにドライブにそれぞれ吸気口を設け、効率的に外気を取り込み冷却する。
  • 冷却ファン:信頼性のキーポイントとなる軸受部分には、安定した動作のダブルボールベアリングを採用。
  • 温度センサー:冷却ファンの動作をコントロールする。異常高温時には自動シャットダウン機能が動作しシステムを保護。また、縦置きタイプのTS-IXL/R5シリーズでは、大口径ファンを低速で回転させることで、静音性にも配慮している。

1Uサイズ 19インチラックマウントが可能(「TS-RIXL/R5シリーズ」のみ)

  • TIA/EIA-310-D規格準拠の汎用19インチラックに搭載可能。関連機器やケーブル類を集約することで、他機器との接続や集中管理が行える。
  • ラックで保護することで機器本体の盗難防止にも役立つ。ラック取付用金具は、製品に標準添付。
  • 1U型のラックマウントフォームファクターを採用し、HDD4台搭載を維持しながら、スリムなボディを可能にしている。

その他の機能

  • 厳しい検査をパスしたHDドライブ:RAID5での稼動検査を実施
  • 無停電電源装置(UPS)対応
  • 稼働したままHDドライブを交換できる、ホットスワップ対応:フロントからドライバレスで交換可能
  • 稼動状況を把握できる液晶ディスプレイ搭載


TS-IXL/R5シリーズ製品情報サイト
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/ts-ixl_r5/

TS-RIXL/R5シリーズ製品情報サイト
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/ts-rixl_r5/

バッファロー
http://buffalo.jp/
 

関連記事

バッファロー、RAID搭載 iSCSI対応ハードディスク6製品を発表バッファローは2009年10月7日、RAID機能搭載 iSCSI対応ハードディスク「テラステーション IS」のラインナップで新しく、サーバーの増設ディスクとして利用可能な「TS-IXL/R5シリーズ」(縦置きモデル、2TB・4TB)、および「TS-RIXL/R5シリーズ」(1Uラックマウントモデル、2TB・4TB・6TB・8TB)の計6製品を発売すると発表した。同社の従来モデル比で約1.5倍の転送速度94MB/秒を実現しているとのこと。

PAGE TOP