[新製品・サービス]

デル、Windows 7の活用を支援するサービスの提供と企業向けPCのWindows 7対応を発表

2009年10月20日(火)

デルは2009年10月19日、Windows 7のリリースに先立ち、新しいオペレーティングシステムへの移行計画を支援する一連のコンサルティングサービスを発表した。このサービスはすべての企業のWindows 7への移行を支援するため、企業規模に合わせたコストと時間の節約を考慮し、範囲を限定した形で実施できるコンサルティングに基づいて行われる。また同社は、ノートブックPC「Latitude」シリーズ、デスクトップPC「OptiPlex」シリーズ、およびワークステーション「Dell Precision」シリーズにWindows 7をインストールして、10月22日より出荷を開始する。

「Windows 7への移行サービス」

デルの「Windows 7 レディネス・アセスメントサービス」は、企業がWindows 7への移行に関する要件と課題を理解することを支援し、Windows 7を効果的に導入するための計画を顧客とともに作成するサービスである。この新サービスはデルのProConsult(プロ・コンサルト)サービスの一環として提供され、現状の環境把握と事前に必要な準備事項を洗い出す。現状把握ではハードウェア、ソフトウェアインベントリを取得し、Windows 7への対応を評価する。さらに、ネットワーク、インフラストラクチャー、組織、ユーザのそれぞれの観点からも必要な準備事項や推奨方針を報告する。

デルではWindows 7のリリースに先行して、顧客であるベーカーティリー、ベットフェアー、およびフーヴァーシティースクールを対象として、Windows 7早期導入プログラムの設計、導入、およびサポートを実施した。またデル社内では現在千名以上のユーザがWindows 7のパイロット運用を行っている。デルグローバルサービスではこれらの早期の移行からの経験を検証、記録し、顧客のWindows 7への移行に役立つ重要なポイント、効果が証明された手法、およびリファレンスによってコンサルティングとサービスの改善を実施している。本サービスは、OS移行に伴う具体的な問題点に焦点を絞って構築され、OSとデータ移行に関する実績に裏付けられた経験に基づいている。

「企業向けノートブックPCとデスクトップPCにWindows 7を搭載」

デルのデスクトップPC「OptiPlex」、ノートブックPC「Latitude」、およびワークステーション「Dell Precision」の各製品群は、すべてWindows 7を対象としたテストを完了し、認証を受けている。またボリュームライセンスを利用する顧客企業が自社のIT環境内において導入または検証できるよう、その他のノートブックPCとデスクトップPCの多くについてもドライバを提供する。

最近の経済環境により、IT関連の支出が抑えられ、設備投資を延期するとともに現行のノートブックPCとデスクトップPCの利用期間を延長する企業が増えている。しかし4年を超えて運用した場合には、メンテナンスと消費電力のコストがかさみ、また従業員の生産性低下も招くことが多い。そこでデルは、現行のノートブックPC「Latitude」製品と3~4年前の同等な製品を比較する調査を2009年10月に実施(Principled Technologiesに委託)し、生産性低下を検証した。その結果の一部は次のとおり。

  • Windows 7搭載のLatitude E4300のバッテリ持続時間は、Windows XPを搭載した3年前のLatitude D620より85%向上(「BAPCo MobileMark 2007 1.06」に基づいたテスト)。
  • Windows 7搭載のLatitude E6400のパフォーマンスは、Windows XPを搭載したLatitude D620より63%向上(「BAPCo SYSmark 2007 Preview v1.06」に基づいたテスト)。
  • Windows 7搭載のLatitude E4300の起動時間は、Windows XPを搭載した前世代のLatitude D610よりも29%短縮することが可能(「BAPCo SYSmark 2007 Preview v1.06」に基づいた「hand timed boot」テスト)。


デル
http://www.dell.co.jp/

関連記事

デル、Windows 7の活用を支援するサービスの提供と企業向けPCのWindows 7対応を発表デルは2009年10月19日、Windows 7のリリースに先立ち、新しいオペレーティングシステムへの移行計画を支援する一連のコンサルティングサービスを発表した。このサービスはすべての企業のWindows 7への移行を支援するため、企業規模に合わせたコストと時間の節約を考慮し、範囲を限定した形で実施できるコンサルティングに基づいて行われる。また同社は、ノートブックPC「Latitude」シリーズ、デスクトップPC「OptiPlex」シリーズ、およびワークステーション「Dell Precision」シリーズにWindows 7をインストールして、10月22日より出荷を開始する。

PAGE TOP