[新製品・サービス]

インフォテリア、システム開発・保守の見える化を強化した「ASTERIA WARP 4.4」を発表

2009年10月21日(水)

インフォテリアは2009年10月20日、国内EAIソフトウェア出荷数3年連続 No.1(テクノシステムリサーチ社調べ)であるASTERIAシリーズの「ASTERIA WARP」(アステリア ワープ)の最新バージョン「ASTERIA WARP 4.4」を同日から出荷すると発表した。また同時に、「ASTERIA WARP Lite」もバージョンアップし、「ASTERIA WARP Lite 4.4」として提供を開始する。

最新バージョン「ASTERIA WARP 4.4」では、データマッピングのシミュレーション機能、デバッグ機能の搭載や仕様書出力機能の強化など、開発・保守管理時のコストを改善する機能を提供する。これにより、コンピュータシステムの導入、維持・管理などにかかる総費用(TCO)の低減に貢献する。

また、最新バージョンでは、同時に出荷を開始する表計算サーバー「ASTERIA Spreadsheet Server OnSheet」と柔軟なデータ連携を可能とする専用コンポーネント群を新たに搭載し、企業ITシステムのユーザーインターフェースとして使い慣れた、表計算の画面を利用できるようになっている。

ASTERIAの最新バージョンで強化される主な点は、次のとおり。

■ ASTERIA Designer上のマッパー内のデバッグ・シミュレータ機能の新規追加。
■ チャート作成機能の強化。
■ ASTERIA Spreadsheet Server OnSheet連携機能の新規追加。
■ 仕様書出力機能の強化。
■ Windows 7対応。
■ Windows Server 2008 R2対応。


ASTERIA WARP
http://www.infoteria.com/jp/asteria/pd_warp.php

ASTERIA WARP Lite
http://www.infoteria.com/jp/asteria/pd_warplite.php

インフォテリア
http://www.infoteria.com/

関連記事

インフォテリア、システム開発・保守の見える化を強化した「ASTERIA WARP 4.4」を発表インフォテリアは2009年10月20日、国内EAIソフトウェア出荷数3年連続 No.1(テクノシステムリサーチ社調べ)であるASTERIAシリーズの「ASTERIA WARP」(アステリア ワープ)の最新バージョン「ASTERIA WARP 4.4」を同日から出荷すると発表した。また同時に、「ASTERIA WARP Lite」もバージョンアップし、「ASTERIA WARP Lite 4.4」として提供を開始する。

PAGE TOP