[木内里美の是正勧告]

IT担当者の「熱意」と「意欲」中国訪問で感じたこと(vol.14)

2009年11月6日(金)

8月末、中国四川省の州都である成都を訪れる機会があった。精華大学の知人である土木工学系の馬智亮教授を通じて、中国の用友軟件股フェン有限公司(以下英文名のUFIDA で表記)というソフトウェア会社が開催するユーザーカンファレンスでの講演依頼メールが届いたからだ。 UFIDAは中国の国営・民営企業に主に管理情報システムを提供し、約70万のユーザーを持っているという。会議の中で中国大手施工企業の高級管理者のためのセッションを設け、テーマは施工企業が如何に情報化を推進するべきかという内容であると記されていた。

ユーザー会に2000人が集結

馬教授との親交は、東京大学に研究留学していた折に大成建設の情報化の取材に来られた時からで、教授が北京に戻ってからも日中の建設分野の制度の違いなどについて情報交換をしていた。突然の依頼メールだったが、成都まで行く機会はなかなかないだろうという思いが頭をよぎった。まして地元の建設会社と直接会い、討議をするような機会は二度とないに違いない。

馬教授に受諾のメールを送って間もなく、UFIDAから丁重な招待状と立派なプログラムが届いた。すべて中国語だったが、滞在日程の確認や電子航空券の予約案内などを手際よく処理してくれた。

指定のフライトは、成田から北京経由成都行きのエア・チャイナのビジネスクラスである。成田を発って約7時間で成都に到着した。空港では馬教授とUFIDAの社員が出迎えてくれて、成都市郊外にある国際会議センターに併設されたホテルに案内され、夜は幹部との会食で歓迎を受けた。

写真:UFIDA

翌日のカンファレンスは、UFIDA1社のユーザー会にもかかわらず、2000人が集う、実に盛大なものだった(写真)。午前中は四川省の副省長や要人が基調講演を行った。午後はグループコントロール、製造、流通、不動産、建設、CIO、銀行の7つに分かれた分科会が行われ、会場は熱気に溢れていた。どうやら日本人は私だけのようである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

IT担当者の「熱意」と「意欲」中国訪問で感じたこと(vol.14)8月末、中国四川省の州都である成都を訪れる機会があった。精華大学の知人である土木工学系の馬智亮教授を通じて、中国の用友軟件股フェン有限公司(以下英文名のUFIDA で表記)というソフトウェア会社が開催するユーザーカンファレンスでの講演依頼メールが届いたからだ。 UFIDAは中国の国営・民営企業に主に管理情報システムを提供し、約70万のユーザーを持っているという。会議の中で中国大手施工企業の高級管理者のためのセッションを設け、テーマは施工企業が如何に情報化を推進するべきかという内容であると記されていた。

PAGE TOP