[技術解説]

企業システムを支える最新DBMS―Oracle 11g R2、その実力を解剖する

2009年11月5日(木)

「なぜ今、オラクル特集なのか」、「特集なら複数のDB製品を解説してほしい」。本特集のタイトルを読んで、こんな疑問を持つ読者が少なくないかも知れない。 だが、本誌はオラクル特集がベストと考えた。オラクルはオープン系DBMSの領域で最大のシェアを持つということだけでなく、その最新版であるOracle Database 11g Release2(11g R2)は、長年培ってきたクラスタリング技術によって高可用性と高性能、それと相反するIT基盤コストの削減を両立させているからだ。実際に採用するかどうかはともかく、そのポテンシャルを知ることは、大きな意味がある。特に企業の情報システムを担う方々に、ぜひ知ってほしいと考えた。

グーグルをはじめとするクラウドコンピューティング技術をトラフィック増加に応えるためのものとすれば、11g R2の技術はクラウドにおけるトランザクション増加に応えるものという見方もできるかもしれない。11g R2はOSや管理ツールなどと組み合わせることを前提に、データ管理に特化する水平分散モデルから、システム構成要素すべてを管理する垂直統合モデルに踏み出すことで、それを可能にした。

長大な特集だが、ぜひお読み頂きたいと思う。[編集長]

関連記事

企業システムを支える最新DBMS―Oracle 11g R2、その実力を解剖する「なぜ今、オラクル特集なのか」、「特集なら複数のDB製品を解説してほしい」。本特集のタイトルを読んで、こんな疑問を持つ読者が少なくないかも知れない。 だが、本誌はオラクル特集がベストと考えた。オラクルはオープン系DBMSの領域で最大のシェアを持つということだけでなく、その最新版であるOracle Database 11g Release2(11g R2)は、長年培ってきたクラスタリング技術によって高可用性と高性能、それと相反するIT基盤コストの削減を両立させているからだ。実際に採用するかどうかはともかく、そのポテンシャルを知ることは、大きな意味がある。特に企業の情報システムを担う方々に、ぜひ知ってほしいと考えた。

PAGE TOP