[技術解説]

DB技術の進化を紐解く―Oracle 11g R2、その実力を解剖する Part 1

2009年11月5日(木)

ITコスト削減にコミット 論理層の仮想化に踏み込んだ最新DB技術の進化を紐解く Oracle Databaseの最新版である11g R2。開発テーマは「ITコストの削減」である。 物理層の仮想化のみならず論理層の仮想化まで踏み込み、可用性や信頼性をもたらす数々の新技術を実装しているのが特徴だ。具体的にはどのような技術に注目すべきか。まずはその概要を解説しよう。

図1-1 Oracle Databaseの進化の経緯 図1-1 Oracle Databaseの進化の経緯
過去30年あまりの歴史の中で、さまざまな機能を融合してきた。
10g、11gの「g」はグリッドコンピューティング技術を意味する

Oracle Database 11g Release 2(以下、11g R2)。米国では9月1日、そして日本では9月14日に発表した最新版DBMSである。

1977年に設立した米オラクルが、最初にDB製品を市場に投入したのは79年のこと。以来、「既存資産の継承」と「新技術の融合」を大命題とし、性能改善や機能強化を図りながらバージョンアップを繰り返してきた(図1-1)。今日までの30年あまり、DB製品を中核にビジネスを手がけてきたオラクルには、多くの企業のデータを守り続けてきたという自負がある。この実績を別の側面から見れば、責任や期待が他のデータベースベンダーの比ではないということも言えるだろう。

今回の11g R2の開発テーマは「Lowering IT Costs」、すなわち徹底したコスト削減へのコミットにある。技術革新によって情報システムに構造的変革をもたらし、攻めの姿勢による、積極的なコスト削減を推し進めることに主眼を置いたのだ。

イメージしやすいハードウェアについて言えば、次のような削減効果を見込んでいる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

DB技術の進化を紐解く―Oracle 11g R2、その実力を解剖する Part 1ITコスト削減にコミット 論理層の仮想化に踏み込んだ最新DB技術の進化を紐解く Oracle Databaseの最新版である11g R2。開発テーマは「ITコストの削減」である。 物理層の仮想化のみならず論理層の仮想化まで踏み込み、可用性や信頼性をもたらす数々の新技術を実装しているのが特徴だ。具体的にはどのような技術に注目すべきか。まずはその概要を解説しよう。

PAGE TOP