[技術解説]

米オラクル本社・DB統括トップインタビュー―Oracle 11g R2、その実力を解剖する Part 5

2009年11月24日(火)

性能、可用性とITコスト削減を両立 11g R2はクラウドに対するオラクルの回答だ 「高価な商用DBMSはもう要らない。オープンソースで十分」、「オラクルはクラウド時代に生き残れるのか?」。こんな声が聞こえる中、オラクルはどんな考え方、思いで11g R2の開発を進めてきたのか。統括責任者であるMark Townsend氏は「提供する価値を最大化するために、多くの顧客と意見交換してきた。品質向上についても延べ1500万時間のテストを実施した」、「11g R2で強化したグリッド技術はクラウドと同じ」と語る。 聞き手は本誌編集長・田口 潤

─ Oracle Database 11g R2では、RACやインメモリー処理、ストレージ管理など、さまざまな機能の強化・拡充が図られています。製品の企画/開発を統括する立場から見て、満足度はいかがでしょう。

Mark Townsend氏

とても満足しています。顧客に対して、より大きな価値を提供できるようになったからです。

従来から重点を置いてきたテーマですが、11g R2についても高可用性やセキュリティ、パフォーマンス、管理の容易性などについて、大幅な機能改善・強化を図りました。

中でも顧客にとって魅力があると考えるのは、ITインフラの大幅なコスト削減に寄与できる点です。11g R2を使うことで、データベース環境を1つのグリッド上に集約・統合できます。可用性や性能を向上させつつ、従来比で5倍のハードウェアコスト削減を期待できるのです(本誌注:グリッド=グリッドコンピューティングは、ネットワーク上にあるCPUやハードディスクなどの資源を結びつけ、仮想的に1つの複合したコンピュータシステムとして使えるようにする技術、または概念)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

米オラクル本社・DB統括トップインタビュー―Oracle 11g R2、その実力を解剖する Part 5性能、可用性とITコスト削減を両立 11g R2はクラウドに対するオラクルの回答だ 「高価な商用DBMSはもう要らない。オープンソースで十分」、「オラクルはクラウド時代に生き残れるのか?」。こんな声が聞こえる中、オラクルはどんな考え方、思いで11g R2の開発を進めてきたのか。統括責任者であるMark Townsend氏は「提供する価値を最大化するために、多くの顧客と意見交換してきた。品質向上についても延べ1500万時間のテストを実施した」、「11g R2で強化したグリッド技術はクラウドと同じ」と語る。 聞き手は本誌編集長・田口 潤

PAGE TOP