[ザ・プロジェクト]

“100年データベース”にXMLを採用、仮想化でOSサポート切れを乗り切る【戸田建設】

2009年11月13日(金)

「過去の実績や履歴といった“動かない”データは厄介だ。どんどん増えるが、捨てられない。システム移行時の足かせにもなる」。戸田建設の佐藤郁氏は言う。同社はXML技術を用いて、そんな足かせからシステムを解放した。 聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉

佐藤 郁 氏
佐藤 郁 氏
戸田建設 アーバンルネッサンス部 技術チーム 主管
橋梁やダムなどの工事現場を歴任した後、土木設計や指紋認証、GISといったシステム開発・構築などに従事。現在は土木技術の開発のかたわら、システム開発も手がけている。工学博士、技術士(建設部門、情報工学部門)

八森 眞治 氏
八森 眞治 氏
伊藤忠テクノソリューションズ 科学システム事業部 社会基盤ソリューション部 都市情報課 担当課長
1980年、センチュリリサーチセンタ(現・伊藤忠テクノソリューションズ)に入社。技術系システム開発を経て、1998年から建設会社向けのWeb- DBシステムの開発を担当。今回のプロジェクトでは、仮想化のほか全体の調整役を務めた

猪内 誠司 氏
猪内 誠司 氏
ジャストシステム エンタープライズ事業部 ビジネスパートナー営業部 アライアンスグループ 副部長
1991年にジャストシステム入社。営業部門に配属、一太郎や花子などのコンシューマ向け製品を担当後、ConceptBaseを中心とする企業向けシステムを担当。現在、販売パートナーとのアライアンス業務に携わっている

大野 絵里砂 氏
大野 絵里砂 氏
インフォマティクス 開発部 WEBソリューショングループ リーダー
販促関係のデザイナーとしてインフォマティクスに入社。ビューロチームを経験後、開発部門に配属。CADやGISシステムの開発を手がけ、2004年からはWebシステムの開発に従事。現在は、主に自治体案件を担当している

─ 100年使えるデータベースがあると聞きました。

佐藤: はい。Chronosと呼んでいます。

—ギリシャ神話の「時間の神」ですね。

佐藤: 工事実績や設計図や施工図、予算など当社が保持する膨大なデータを、ユーザーがブラウザから検索できるシステムの総称です。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

“100年データベース”にXMLを採用、仮想化でOSサポート切れを乗り切る【戸田建設】「過去の実績や履歴といった“動かない”データは厄介だ。どんどん増えるが、捨てられない。システム移行時の足かせにもなる」。戸田建設の佐藤郁氏は言う。同社はXML技術を用いて、そんな足かせからシステムを解放した。 聞き手は本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉

PAGE TOP