[新製品・サービス]

オフィス文書を重要度に応じてラベリング、NRIセキュアがソフトを無償提供

2009年10月29日(木)

 NRIセキュアテクノロジーズは2009年10月28日、社内文書ファイルの機密度や重要度を管理するソフトウェア「SecureCube / Labeling」を発表した。個人用クライアントソフトの「Personal」から提供を開始。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 SecureCube / Labelingは、WordやPowerPointといったオフィス文書ファイルに文書の重要度を示すラベルを強制的に添付できるソフト。指定したフォルダ内に含まれるファイルのラベル添付状況をスプレッドシートとして出力して一覧表示する管理台帳機能を備え、台帳上からラベルを変更したり、ラベルのないファイルに新たに添付することも可能だ。

 Microsoft Office 2003と2007のWordとExcel、PowerPointのアドオンとして導入する。ファイルの保存時に、「機密」「社外秘」などといった文書の重要度を示すラベルを選択するダイアログを強制表示する仕組み。ラベルは文書のページごと、スライドごとに添付されるほか、ファイルのプロパティにも書き込まれる。故意にラベルを消した場合は保存時に再度ダイアログが開くため、ラベルを消した状態では保存できない。

 主に情報漏洩防止(DLP)製品など、他のセキュリティ製品との連携を前提として開発した。SecureCube / Labelingで付与したラベルのプロパティ情報を読み取り、各ラベルに応じたセキュリティ対策を施す、といった使い方を想定している。同社は無料で提供するハードルの低さを生かし、セキュリティ製品の基盤として普及させたい考えだ。連携用製品は現在、国内外含め10社以上のパートナーが開発・検証中だという。

 同社では、SecureCube / Labelingをセキュリティ製品の中核に育てたい考え。「これまでのセキュリティ対策は、新たな脅威が発生するごとに適切な製品・サービスで対処する“モグラたたき”の状態だった。今回の製品は情報システムの本丸であるデータを直接コントロールし、根本的なセキュリティ対策を可能にする。国内発の技術としてグローバルスタンダードを目指したい」(同社代表取締役社長の増谷 洋氏)。

 今後はPDFなど他のファイルフォーマットにも対象を広げる予定。2010年1月には、ラベルの一元管理やログ管理などを可能にするサーバー用管理ソフト「Enterprise」を販売開始する。クライアントソフトは同社Webサイトのほか、コンシューマ向けの外部ダウンロードサイトでの提供を検討している。企業内個人を中心に訴求し、年間10万ダウンロードを目標に据える。

関連記事

オフィス文書を重要度に応じてラベリング、NRIセキュアがソフトを無償提供 NRIセキュアテクノロジーズは2009年10月28日、社内文書ファイルの機密度や重要度を管理するソフトウェア「SecureCube / Labeling」を発表した。個人用クライアントソフトの「Personal」から提供を開始。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

PAGE TOP