[新製品・サービス]

インフォアが国際会計基準向けにグローバル連結用の複数元帳サーバーを発表

2009年11月6日(金)

 日本インフォア・グローバル・ソリューションズは2009年11月6日、国際会計基準(IFRS)に対応するためのミドルウエアとして、異なる複数の会計システムを使い続けながら、グループ連結会計用に複数元帳を作成・運用できるようにするサーバー・ソフトを発表した。グローバル連結用の元帳と各国固有の元帳を使い分ける需要に適する。2010年2月末に出荷を予定する。開発会社は、米Infor Global Solutions。

 異なる会計システムが混在する環境を対象に、それぞれの会計データをリアルタイムに収集・変換して、用途の異なる複数の元帳を生成する。1つの会計データを基に、互いに異なる勘定科目、通貨、会計期間などを、それぞれの元帳にヒモ付けて管理できる。また、多様な管理会計に対応できるよう、仕訳明細ごとに30種類の管理セグメント・コードを運用可能である。

 製品名称は「Infor Advanced General Ledger」(Infor AGL)。会計システムとしてInfor ERPなど同社製品を使用中のユーザーは、Infor製品の契約ユーザー数を超えない範囲でInfor AGLを無償で利用できる。契約ユーザー数を超える場合や他社の会計システムからデータを取得する場合には、別途ライセンスがかかる。

 ソフトウエアはJavaで書かれており、SOA環境で動作する。連携対象となる会計システム側に導入する専用のエージェント「OnRamp」からInfor AGL側のOnRampに対して、会計データが発生した都度、XMLメッセージをリアルタイムかつ非同期で伝達する。Infor AGL側では、データを受け取る度に変換して、それぞれの元帳に格納する。

 元帳に格納されたデータは、データ分析用の無償の基盤ソフト「Bisiness Information Services」を介して、業績(パフォーマンス)管理ソフト製品「Infor PM(Performance Management)」を用いてレポート作成できる。

 なお、Java環境を備えないなどの理由でOnRampを導入できない会計システムなどに対しては、リアルタイム/非同期メッセージではなく、Infor AGLからの定期的なデータベース・アクセスによってデータを取得する。

関連記事

インフォアが国際会計基準向けにグローバル連結用の複数元帳サーバーを発表 日本インフォア・グローバル・ソリューションズは2009年11月6日、国際会計基準(IFRS)に対応するためのミドルウエアとして、異なる複数の会計システムを使い続けながら、グループ連結会計用に複数元帳を作成・運用できるようにするサーバー・ソフトを発表した。グローバル連結用の元帳と各国固有の元帳を使い分ける需要に適する。2010年2月末に出荷を予定する。開発会社は、米Infor Global Solutions。

PAGE TOP