アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士通、現場作業のプロセス管理を実現するソフトウェアを販売開始

2009年11月10日(火)

富士通は2009年11月9日、現場作業のプロセス管理を実現するビジネスプロセス管理ソフトウェア「Interstage Business Process Manager(インターステージ ビジネス プロセス マネージャー)V11」を、同日より販売開始すると発表した。

「Interstage Business Process Manager」は、企業活動における業務プロセスをフロー図で見える化する機能に加え、各現場で定型化が難しく状況に応じて変化する業務プロセスを管理するソフトウェア。これまで見える化されていなかった業務プロセスの状況や作業指示、作業漏れを把握でき、業務効率化を実現する。また、各現場で業務ノウハウが蓄積され、全体業務プロセスの改善につなげることが可能。

さらに、クラウドコンピューティング環境の利用を見据え、企業内での業務プロセス管理とのクラウド上の業務プロセスを連携、見える化を実現していく。

また同製品と同時に、業務の実行状況を監視・分析するソフトウェアの最新版「Interstage Business Process Manager Analytics(インターステージ ビジネス プロセス マネージャー アナリティクス) V11」もあわせて販売開始される。

同製品の特長は以下のとおり。

  1. 非定型な現場作業のプロセス管理による業務効率化
    状況に応じて変化する現場の作業を業務プロセスとして管理できる。担当者ごとの負荷状況を遅延も含めてリアルタイムに把握でき、担当者の割り振りを実施、変更できる。これにより、業務効率化、現場の状況に応じた柔軟な作業の最適配置が可能となる。
  2. ナレッジ共有による作業の効率化・ミスの防止
    担当者のノウハウや気づきをメモとして作業に紐づけて管理し、ナレッジを共有できる。これから行う作業に関する過去のノウハウや留意事項などを活用することで、作業の効率化を図り、作業ミスを防止する。
  3. 全体プロセスの見える化による継続的なプロセス改善
    あらかじめ定型化できなかった現場の作業を、既存の業務プロセスとあわせて、全てのプロセスを管理する。これにより、複数プロジェクトの生産性を比較したり、取引会社も含めた一連の業務プロセスを分析することで、企業全体のプロセスをPDCAサイクルを通じて継続的に改善する。

「Interstage Business Process Manager V11」の販売価格は600万円~(税別)。「Interstage Business Process Manager Analytics V11」の販売価格は300万円~(税別)。いずれも2010年1月下旬より出荷される。

富士通
http://jp.fujitsu.com/
 

 

関連記事

富士通、現場作業のプロセス管理を実現するソフトウェアを販売開始富士通は2009年11月9日、現場作業のプロセス管理を実現するビジネスプロセス管理ソフトウェア「Interstage Business Process Manager(インターステージ ビジネス プロセス マネージャー)V11」を、同日より販売開始すると発表した。

PAGE TOP