[新製品・サービス]

トレンドマイクロ、コラボレーション環境のセキュリティを強化する「Trend Micro Collaboration Security」を発売

2009年11月10日(火)

トレンドマイクロは2009年11月9日、社内のコミュニケーションに利用される、インスタントメッセンジャー、メール、社内ポータルなど、マイクロソフトが提唱するコラボレーション環境全体のセキュリティ導入を促進する製品「Trend Micro Collaboration Security」を2009年12月18日より発売すると発表した。同製品は、新製品である「IM Security for Microsoft Office Communications Server」を含めた「InterScan for Microsoft Exchange」「PortalProtect」の3製品で構成されるセット製品。同製品によりコラボレーション環境に対するセキュリティ市場を拡大する。

「Trend Micro Collaboration Security」は、社内リモート会議、インスタントメッセンジャーのセキュリティ対策を行う「IM Security for Microsoft Office Communications Server」、メール統合環境のセキュリティ対策を行う「InterScan for Microsoft Exchange」、社内ポータル、ワークフロー、その他の社内業務システムのセキュリティ対策を行う「PortalProtect」の3製品で構成される。

各製品の概要は以下のとおり。

■「IM Security for Microsoft Office Communications Server」
「Microsoft Office Communications Server」が提供するインスタントメッセンジャーを用いたコミュニケーションを行う際のセキュリティ対策を実現。不正プログラムの感染源となるWebサイトやフィッシング詐欺サイトのURLが含まれたメッセージを送信した際に、トレンドマイクロのクラウド基盤を活用したWebレピュテーション技術によって危険度の高いWebサイトを自動的に判断し、サーバ側でメッセージをブロックする。そのため、ユーザは、不正プログラムの感染源となるWebサイトやフィッシング詐欺サイトのURLが含まれない安全なメッセージのみを受け取ることができる。

■「InterScan for Microsoft Exchange」
「Microsoft Exchange Server」が提供するメール統合環境のセキュリティ対策を行うための製品。Webレピュテーション技術を使ったスパムメール対策やメールコンテンツフィルタ機能による情報漏えい防止を実現する。

■「PortalProtect」
「Microsoft Office SharePoint Server」が提供する社内ポータル、ワークフロー、その他の社内業務システムのセキュリティ対策を行うための製品。「Microsoft Office SharePoint Server」が利用するSQLデータベースのウイルス検出や、統計レポートによる脅威の傾向分析を行える。

なお、既存製品「InterScan for Microsoft Exchange」「PortalProtect」を単体で利用しているユーザーは、同製品を半額で購入することができる。

同製品の参考価格(税別)は、1,860円/1アカウント。同社は同製品を今後一年間で4.5億円の販売することを目標としている。


トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

 

関連記事

トレンドマイクロ、コラボレーション環境のセキュリティを強化する「Trend Micro Collaboration Security」を発売トレンドマイクロは2009年11月9日、社内のコミュニケーションに利用される、インスタントメッセンジャー、メール、社内ポータルなど、マイクロソフトが提唱するコラボレーション環境全体のセキュリティ導入を促進する製品「Trend Micro Collaboration Security」を2009年12月18日より発売すると発表した。同製品は、新製品である「IM Security for Microsoft Office Communications Server」を含めた「InterScan for Microsoft Exchange」「PortalProtect」の3製品で構成されるセット製品。同製品によりコラボレーション環境に対するセキュリティ市場を拡大する。

PAGE TOP