[新製品・サービス]

インテックとネオアクシス、Lotus Notes/Dominoユーザー向けID情報統合管理ソリューションを提供開始

2009年11月12日(木)

インテックとネオアクシスは、2009年11月12日、ID管理分野において2009年11月より協業することを発表した。両社の提携により、LotusNotes/DominoとID管理ソリューション「結人(ゆいと)」「束人(そくと)」の連携が可能になり、Lotus Notes/Dominoユーザー企業のID情報の統合管理が実現できる。

両者によるID情報統合管理ソリューションは、インテックの「結人」「束人」により管理されているID情報を、ネオアクシスが提供する「Notes ID Converter」によって、Dominoディレクトリに反映することで実現できる。

これにより、これまで別個で管理されていた人事IDや他システムIDを統合して連携利用することが可能となり、正確なID管理と情報漏洩等のセキュリティリスクの軽減を実現する。

両者によるID情報統合管理ソリューションを構成する各製品の概要は以下のとおり。

  • ID同期システム結人
    異なる種類のディレクトリシステムやRDBなどが保持する様々なデータ形式を吸収し、システム間のデータ同期を行うことが可能なシステム。日本の商習慣に対応した事前同期機能などを基本搭載しており、またシステム間の同期設定を画面上で容易に行えるよう設計されているため、システム導入までの構築期間を短縮することが可能。同期を行う前にあらかじめリハーサルとして同期を行った場合の実行結果をファイルに出力することも可能。
  • ID統合システム束人
    結人を利用したデータ同期に加え、幅広いID情報のライフサイクル管理を行うことを可能にしたシステム。ID情報のライフサイクル管理に必要な申請・承認フローを設定可能。また、同期システムによる利用者の登録・変更・削除といった証跡ログをGUIで確認できるため、不正なユーザアカウントの登録防止や削除漏れなどの追跡・対応が可能。
  • Notes ID Converter
    人事情報・組織情報のCSVファイルをダイレクトにDominoディレクトリおよび二次アドレス帳に反映するソフトウェア。人事システムから出力されるレイアウトとアドレス帳における定義項目の結び付けができるので、システム運用者のニーズに応じたアレンジが可能。また、複数の漢字アドレス帳を同時にメンテナンスできるので、社員マスタが複数あるなどの理由で別々にメンテナンスしていたものも一括メンテナンスすることが可能。

両社は、2009年11月の協業開始より、セミナーの共同開催など連携してマーケティングや営業活動を行い、2010年3月末までに案件獲得10件を目指すという。


インテック
http://www.intec.co.jp/

ネオアクシス
http://www.neoaxis.co.jp/

 

関連記事

インテックとネオアクシス、Lotus Notes/Dominoユーザー向けID情報統合管理ソリューションを提供開始インテックとネオアクシスは、2009年11月12日、ID管理分野において2009年11月より協業することを発表した。両社の提携により、LotusNotes/DominoとID管理ソリューション「結人(ゆいと)」「束人(そくと)」の連携が可能になり、Lotus Notes/Dominoユーザー企業のID情報の統合管理が実現できる。

PAGE TOP