[新製品・サービス]

富士通、製造業向け生産スケジューリングシステム「GLOVIA/SCP FA V8」を発表

2009年11月18日(水)

富士通は2009年11月17日、製造業界向けに基幹業務システムと製造現場に導入されている製造管理システムの製造スケジュールを管理する、生産スケジューリングシステム「GLOVIA/SCP FA V8」の販売を同日より開始すると発表した。「GLOVIA/SCP FA V8」は、基幹システムで作成した生産予定と製造管理システムで作成した製造計画を結び付け、製造現場における製造ラインの効率的な運用や、部品などの在庫の最適化を実現するシステムである。

生産スケジューリングシステムの導入には「ERPシステム」や「MESシステム(Manufacturing Execution System:製造実行システム)」などとのシステム間データ連携の構築が必要不可欠である。これに応える製品として、富士通アドバンストエンジニアリングが「GLOVIA/SCP FA V8」を開発、多くのパッケージ製品に柔軟に対応し、製造企業のムダを削減するシステムになっている。

本システムは、多くのパッケージ製品を柔軟に結び付けることを目的に作成されたPSLXプラットフォームに準拠したデータ通信機能を世界で初めて搭載している。これにより、顧客は、効率的な生産活動が実現でき、加えて、基幹業務システムと製造管理システムを結ぶシステムの構築費用・期間を50%削減することが可能となる。

「GLOVIA/SCP FA V8」の特長は次のとおり。

1. 高性能スケジューリング機能
製造上のさまざまな制約「人(Man)」「機械(Machine)」「材料(Material)」「方法(Method)」を考慮した計画立案が可能。立案結果はガントチャート、負荷グラフ、集計表により、さまざまな視点・観点から、多角的な評価・修正を行うことができる。

2. PSLXプラットフォーム準拠
世界で初めて、PSLXプラットフォームに準拠したデータ連携機能を提供。基幹業務システムより生産予定を取り込み、スケジューリング結果である作業オーダーをPSLXプラットフォームを介して、製造管理システムへ伝達する。これにより、従来の基幹システムと製造管理システムでデータ連携を行うシステム構築に比べ、構築費用、期間を大幅に削減できる。

「GLOVIA/SCP FA V8 APS」の販売価格(税別)は、470万円。
「GLOVIA/SCP FA V8 スケジューラ」の販売価格(税別)は、300万円。


GLOVIA/SCP
http://glovia.fujitsu.com/jp/products/scp/product/fa/

GLOVIA/SCP FA
http://jp.fujitsu.com/group/fae/services/product/glovia/

PSLXフォーラム
http://www.pslx.org/jp/index.html

関連記事

富士通、製造業向け生産スケジューリングシステム「GLOVIA/SCP FA V8」を発表富士通は2009年11月17日、製造業界向けに基幹業務システムと製造現場に導入されている製造管理システムの製造スケジュールを管理する、生産スケジューリングシステム「GLOVIA/SCP FA V8」の販売を同日より開始すると発表した。「GLOVIA/SCP FA V8」は、基幹システムで作成した生産予定と製造管理システムで作成した製造計画を結び付け、製造現場における製造ラインの効率的な運用や、部品などの在庫の最適化を実現するシステムである。

PAGE TOP