[海外動向]

Oracle OpenWorld 2009―世界各国から4万3000人が集結、SOAベースの新業務アプリも発表

2009年11月30日(月)

2009年10月11日〜15日 米サンフランシスコ 米オラクルの年次イベントであるOracle OpenWorld。今年の会場となったサンフランシスコのモスコーンセンターには、世界各国から約4万3000人が集結。日本からも188人の顧客やパートナーが参加した。時に嵐が吹き荒れるなど、現地はあいにくの天気が続いた。だが熱心な参加者たちは悪天候をものともせず、目当ての講演に少しでも顔を出そうと、複数の会場の間を傘を片手に奔走していたのが印象的だ。

オラクルが掲げたテーマは「Complete, Open, Integrated」。M&Aで自社の製品カバー領域を拡大し垂直統合を志向する一方、標準技術の採用でロックインを嫌う顧客に選択肢を持たせるという、昨今のオラクルの戦略をストレートに表現したものだ。

[基調講演] IBMへの対抗心をあらわに

壇上で堅く握手をするラリー・エリソン氏(右)とマイケル・デル氏 写真1-1 壇上で堅く握手をするラリー・エリソン氏(右)とマイケル・デル氏

初日に最も注目を集めたのは、オラクルのラリー・エリソンCEO(最高経営責任者)と、同社による買収に合意したサン・マイクロシステムズのスコット・マクニーリ会長の基調講演である。両氏は互いに密接な関係であることをアピールしつつ、「両社の製品や技術の融合でIBMに打ち勝つことができる」(エリソン氏)と、IBMへの対抗心をあらわにした(詳細は弊誌11月号71ページ)。

2日目はオラクルのチャールズ・フィリップス氏とサフラ・キャッツ氏の両社長の基調講演で幕を開けた。フィリップス氏は、「MySQLの行く末を心配している人は、今までのオラクルの取り組みを思い出してほしい。PeopleSoftもJD Edwardsも専属の開発チームを保有し続けている」とし、MySQLへの投資を継続していくことをあらためて明言した。一方のキャッツ氏は「我々はすべての製品分野でナンバーワンになるだけでなく、個々の製品単位でもトップを目指す。同時にオープンな技術を利用し、ユーザーの選択肢を維持していく」と語り、今回のテーマの1つであるオープンへの取り組みを強調した。

両氏の講演の締めくくりとして、同社が毎年公表している「CIO of the Year」の受賞者を発表した。同賞は、オラクル製品を利用しているユーザー企業のCIOから、北米や中南米など世界5地域ごとに毎年1人ずつオラクルが選んで表彰するものだ。日本からは、オムロン執行役員常務 グループ戦略室長である樋口 英雄氏が受賞した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Oracle OpenWorld 2009―世界各国から4万3000人が集結、SOAベースの新業務アプリも発表2009年10月11日〜15日 米サンフランシスコ 米オラクルの年次イベントであるOracle OpenWorld。今年の会場となったサンフランシスコのモスコーンセンターには、世界各国から約4万3000人が集結。日本からも188人の顧客やパートナーが参加した。時に嵐が吹き荒れるなど、現地はあいにくの天気が続いた。だが熱心な参加者たちは悪天候をものともせず、目当ての講演に少しでも顔を出そうと、複数の会場の間を傘を片手に奔走していたのが印象的だ。

PAGE TOP