[海外動向]

Teradata PARTNERS 2009―データ分析用のクラウドを初披露、DWHの先進事例も話題に

2009年12月2日(水)

2009年10月18日〜22日 米ワシントンD.C. 今年で24回目を迎える「Teradata PARTNERS 2009」は、テラデータのユーザーが主体となって企画・運営するカンファレンスだ。データウエアハウス(DWH)に関する最新技術/製品の情報を得られるほか、先進的なユーザー事例を学べる場として注目され、今年は3000人近くの参加者が米ワシントンD.C.に集まった。

基調講演
写真2-1 朝9時から開始した基調講演は即満席に。立ち見も出るほどの盛況ぶりだった

[基調講演] データマート統合効果を強調

CEOのマイク・コーラー氏 写真2-2 基調講演ではCEOのマイク・コーラー氏が、今後のテラデータのビジョンとEDWの利点について説明した

今年のテーマは「accelerating INSIGHT」。データ分析を通じた洞察力を強化して企業の収益力を高めようというメッセージが込められている。そのための手段としてテラデータでは、様々なデータを統合/一元化して管理するDWH「エンタープライズデータウエアハウス(EDW)」を提唱。ビジネスの現場で発生する明細データを蓄積し、必要な人に必要なデータを提供しようというアプローチだ。基調講演ではCEOのマイク・コーラー氏がEDWの優位性について力説した(写真2-2)。

DWHでは一般に、分析する目的や内容ごとに複数のデータマートを構築、活用するケースが多いが、コーラー氏はこうしたデータマート構造に疑問を投げかける。「複数のデータマートが存在するとデータは重複して各データマートに蓄積され、データの整合性を保証できなくなる。異なるデータは異なる分析結果をもたらすため、企業の意思決定に支障を来す。40〜60%ものデータが重複している事例もよく見かけるが、この場合はデータマートの肥大化や保守費も問題となる」と指摘。これに対しEDWはデータを1つのデータマートに集約する。「重複データを排除できるため保守費を低減するほか、データの一貫性を確保。ユーザーは同じデータマートから同じ分析結果を得ることができる」と利点を強調した。

基調講演に先立ち行われたCTOのスティーブン・ブロブスト氏のセッションでは、日曜日の朝8時からという時間にもかかわらず、多くの参加者がその内容に耳を傾けた。ブロブスト氏はデータの品質について言及。「データは企業の意思決定を左右するだけに、信用に足る高い品質が求められる。不完全なデータをどれだけなくせるかが大事」とし、「複数のデータマートの保守に費用をかけるくらいなら、データの品質保持のために費やすべき」と参加者に訴えた。「DWH構築後も継続してデータの精度や鮮度を高めていく努力が必要」と、怠りがちなデータ品質管理の重要性を説いた。

[ユーザー事例] 日本企業4社が事例を紹介

PARTNERSでは200を超えるセッションのうち約80がユーザーの事例紹介となっており、金融や流通など様々な業界におけるDWH構築・運用の体験談を聞くことができた。バンク・オブ・アメリカやティンバーランド、アメリカン航空などといった名だたる企業のほか、日本からは楽天、JCB、ふくおかフィナンシャルグループ、京王百貨店の4社が自社の導入事例を紹介した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Teradata PARTNERS 2009―データ分析用のクラウドを初披露、DWHの先進事例も話題に2009年10月18日〜22日 米ワシントンD.C. 今年で24回目を迎える「Teradata PARTNERS 2009」は、テラデータのユーザーが主体となって企画・運営するカンファレンスだ。データウエアハウス(DWH)に関する最新技術/製品の情報を得られるほか、先進的なユーザー事例を学べる場として注目され、今年は3000人近くの参加者が米ワシントンD.C.に集まった。

PAGE TOP