[海外動向]

IBM Information On Demand 2009 Global Conference―情報の精査と分析・予測で“泥沼”を脱せよ 先進企業が情報活用の秘訣を6000人に披露

2009年12月4日(金)

2009年10月25日〜29日 米ラスベガス Maddle Through(マドル・スルー)という言葉がある。泥の中で方向感覚を失いながらも、生き残りをかけて、どこかに突き進むことを意味するものだ。金融に端を発する世界的な景気後退によって文字通りMaddle Throughの状態に陥り、抜け出すきっかけをつかめない企業は少なくないだろう。

そんな中、「社内外に溢れる情報の中に浮上のきっかけを見出そう」と考えるビジネスパーソンが、米ラスベガスで2009年10月25日〜29日にかけて開かれたイベントに集まった。米IBMが主催した「IBM Information On Demand(IOD)」である。

IODはWebSphere、Tivoli、Rational、Lotus、Information Managementと5種類あるIBMの主要ソフトウェアブランドのうち、同社が最近特に力を注いでいるInformation Managementの年次総会だ。4回目となる今年は「Information-Led Transformation−情報活用に基づく変革」をメインテーマに掲げ、先進ユーザー事例や最新テクノロジーの解説など1500以上のセッションを用意。世界中から詰め掛けたIBMユーザーやパートナーなど約6000人に向け、情報の精査や予測・分析が変革を加速させるとアピールした。

情報活用が企業力を左右する

IOD2009は10月26日午前8時15分に始まったオープニングセッションで本格的に幕を開けた(写真3-1)。最初に登壇したのは、ソフトウェアグループのゼネラルマネジャーを務めるアンブッシュ・ゴヤール氏である(写真3-2)。ゴヤール氏は「必要な情報が必要なときに手に入れば、もっと良い決断ができたはずだとする声が増えている」と現状を示したうえで、「情報は人材や資金と同じように組織にとって戦略的な資産だ。しっかりガバナンスを効かせて、利益の向上に生かさなければならない」と強調した。

基調講演
写真3-1 「IBM Information On Demand 2009 Global Conference」の基調講演の模様。IBMのユーザーやパートナーなど約6000人が世界中から詰めかけた(提供IBM)
アンブッシュ・ゴヤール氏
写真3-2 オープニングセッションに立つソフトウェアグループのゼネラルマネジャー、アンブッシュ・ゴヤール氏(提供IBM)

さらにゴヤール氏は「過去4年間で企業買収に80億ドルを投じてきた」と語り、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールのCognosや統計解析に強いSPSSなど、情報活用分野のソフトを拡充するためにIBMが積極投資してきた姿勢に理解を求めた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

IBM Information On Demand 2009 Global Conference―情報の精査と分析・予測で“泥沼”を脱せよ 先進企業が情報活用の秘訣を6000人に披露2009年10月25日〜29日 米ラスベガス Maddle Through(マドル・スルー)という言葉がある。泥の中で方向感覚を失いながらも、生き残りをかけて、どこかに突き進むことを意味するものだ。金融に端を発する世界的な景気後退によって文字通りMaddle Throughの状態に陥り、抜け出すきっかけをつかめない企業は少なくないだろう。

PAGE TOP