[技術解説]

IT資産の不協和音を断つ―EAに挑む Part 1

2009年12月1日(火)

グランドデザイン描き ITと業務の不協和音に終止符を打つ 総論〜システム部門が先導せよ 先の見えない今だからこそ、企業が取り組まなければならないプロジェクトがある。それはEAだ。社内のIT資産を見える化して効率化し、変化に強いシステムに鍛え直す。この取り組みをリードするのは、ほかならぬシステム部門である。

協和発酵キリンのシステム部門があるフロアの会議室には、常時2枚のモデル図が掲示されている(写真)。

協和発酵キリンのシステム部門は、社内システムのas isとto beモデルを見ながら議論を深める
協和発酵キリンのシステム部門は、社内システムのas isとto beモデルを見ながら議論を深める

向かって左は、社内で活用しているアプリケーションを一望できる鳥瞰図だ。調達や製造、受注、会計など30以上のアプリケーション間を、データがどのように流れているかを詳細に記述している。右は、これから目指すシステム構成・関連図である。異なるシステム間でデータをやりとりするためにデータモデルを変換する「エンタープライズHUB」を中心に、2012年末までに実現すべきシステムの全体構成を示している。

どちらも、中山嘉之部長が自ら作成したものだ。「モデル図を描いていると、『ここに○○機能があればもっときれいなモデルになるのに』などと、欠落している部分が見えてくる」(同氏)という。メンバーは会議中、これらの図を視野に入れながら議論する。このため、チーム内の意思疎通がスムーズで、設計業務におけるブレがない。

同社がデータモデルを設計したのは、1982年にさかのぼる。それ以来、同じモデルが整合性を保ったまま現在に引き継がれている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

IT資産の不協和音を断つ―EAに挑む Part 1グランドデザイン描き ITと業務の不協和音に終止符を打つ 総論〜システム部門が先導せよ 先の見えない今だからこそ、企業が取り組まなければならないプロジェクトがある。それはEAだ。社内のIT資産を見える化して効率化し、変化に強いシステムに鍛え直す。この取り組みをリードするのは、ほかならぬシステム部門である。

PAGE TOP