[新製品・サービス]

導入容易で保守料金を抑えたSSOアプライアンス、ネットスプリングが発表

2009年11月25日(水)

 ネットワークセキュリティ製品を開発するネットスプリングは2009年11月25日、1度のログインで複数のアプリケーションへのアクセスを可能にするシングルサインオン(SSO)アプライアンス「SSOcube」を発表した。専用ハードウェアに必要なソフトウェアを事前インストールして提供するほか、保守料金を低く抑えて導入・運用の敷居を下げた。

 i-Sprint Innovations(シンガポール)のSSOソフトウェア「AccessMatrix USO 5.0」と、パスロジのソフトウェアワンタイムパスワード製品「PassLogic」を、汎用の1Uサイズサーバーに事前導入して販売する。

 通常のSSO製品がカバーするWebアプリケーションだけでなく、OutlookやLotus NotesといったWindowsアプリケーションや、メインフレームの機能をPC上で利用する端末エミュレータへの自動ログインも可能。端末エミュレータはキヤノンソフト情報システムの「TCPLink」や日本IBMの「IBM Personal Communication」のほか、HLLAPIに準拠した製品を対象とする。

 SSOの方法は「代理入力」と呼ばれる方式を採用。アプリケーションの起動時に、クライアント内に導入した「USO Client」と呼ぶエージェントがアプリケーションのログイン画面を認識。自動でユーザーIDとパスワードを入力する。SSO対象のアプリケーションは事前登録が必要。「USO Trainer」と呼ぶ専用ソフトを利用し、アプリケーションのユーザーIDやパスワードの入力個所をポインタで指定するなどの直感的な操作で登録できる。

 SSOcubeへログインするたびにパスワードを変更できるワンタイムパスワード機能を搭載。トークンには、乱数表から一定のパターンと順番で数字を読み取り、並べたものをパスワードとするマトリクス形式を採用。ワンタイムパスワードはWebブラウザでアプライアンス内の専用サーバーにアクセスするだけで得られるので、ハードウェアトークンは不要だ。

 年間保守サポート料金は製品価格の10%前後に抑えた。「単体のソフトウェアやハードウェアと違い、使い方がある程度限定されるため発生する問題や対応手段を事前に想定できる」(ネットスプリング代表取締役社長の西武 進氏)ことを低料率の理由に挙げた。保守サポート作業はネットスプリングのスタッフが一括して実施する。

 価格は100ユーザー220万円(税別)から。中規模企業や大企業の部門を主要ターゲットとし、年間100台の販売を目標に据える。今後はi-Sprint社の販売チャネルを生かし、シンガポールや韓国などアジアへの製品投入も計画しているという。

関連記事

導入容易で保守料金を抑えたSSOアプライアンス、ネットスプリングが発表 ネットワークセキュリティ製品を開発するネットスプリングは2009年11月25日、1度のログインで複数のアプリケーションへのアクセスを可能にするシングルサインオン(SSO)アプライアンス「SSOcube」を発表した。専用ハードウェアに必要なソフトウェアを事前インストールして提供するほか、保守料金を低く抑えて導入・運用の敷居を下げた。

PAGE TOP