[新製品・サービス]

マイクロソフト、超大規模環境へ対応する「SQL Server 2008 R2日本語プレビュー版」の提供を開始

2009年11月25日(水)

マイクロソフトは2009年11月25日、データプラットフォーム製品「Microsoft SQL Server」の次期バージョンである「SQL Server 2008 R2」の日本語プレビュー版であり、製品版に搭載される全機能を事前に検証することが可能な「SQL Server 2008 R2 Community Technology Preview(CTP)11月版」の提供を同日より開始すると発表した。

「SQL Server 2008 R2」は、超大規模並列処理機能の搭載や、プライベートクラウドへの対応などの大幅な機能強化を図り、企業の幅広いニーズに応える製品。また、SQL Server 2008 R2をシナリオ ベースで実証評価し、品質向上を図るプロジェクト「Center of Quality Innovation (センター オブ クオリティ イノベーション、以下CQI)」を、新日鉄ソリューションズ、日本電気、日本ユニシスおよび富士通の4社と共同で実施すると発表した。

「SQL Server 2008 R2」の主な特長は以下のとおり。

  • 超大規模環境への対応
    超大規模並列処理 (MPP) 機能により数十テラバイトから数百テラバイトまでの超大規模データを高速に処理することが可能なデータウェアハウス(DWH)専用エディション「SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouseエディション」および最大256論理プロセッサ、無制限のメモリに対応した「SQL Server 2008 R2 Datacenterエディション」を追加し、ニーズが高まる超大規模環境へ対応。
    Parallel Data Warehouseエディションは、サーバーやストレージなどのハードウェアとの組み合わせによるDWHアプライアンスソリューションとして提供される。また、Datacenterエディションは、仮想環境において無制限で利用可能。
  • プライベート クラウド機能の提供
    SQL Server 2008 R2には、SQL Azureの開発で培ったクラウドコンピューティング技術を、オンプレミス(自社運用)環境でも活用するためのプライベートクラウド機能が搭載される。具体的には、複数のデータベースサーバーを1つの仮想アプリケーション空間としてみなし、開発者はアプリケーションがどのサーバーで稼働するかを意識したプログラミングを行う必要がなく、かつ管理者は中央管理用機能を利用することで複数サーバーを一元管理する機能などが相当する。
  • セルフ サービスBI機能 「PowerPivot (パワーピボット)」の提供
    一般の社員が、専門のIT技術者のサポートを得ることなく、様々なデータソースを自由に加工し分析するためのセルフ サービスBI機能「PowerPivot」を提供。PowerPivotはMicrosoft Office Excel 2010に完全に統合され、インメモリに圧縮された多次元データベースを持つことにより大量データをデスクトップで超高速に分析することが可能となる。また、作成された分析ワークブックはMicrosoft SharePoint 2010と連携し、全社員と共有することが可能。

CQIプロジェクトは、品質向上を目的に、新日鉄ソリューションズ、日本電気、日本ユニシス、富士通、そして同社が共同で実施するSQL Server 2008 R2の早期実証プロジェクト。同プロジェクトは、実際のユーザーのSIプロジェクトを想定したシナリオに対して実証評価を行い、同社の製品開発チームと連携して、マイクロソフト大手町テクノロジーセンターにて製品開発完了まで実施される。

また、製品開発完了後も同センター内に拠点を常設し、SQL Server 2008 R2を活用したシステム構築を行うシステムインテグレータが、ユーザーに納品するシステムの「品質」を向上させるための「Proof Of Concept(PoC)」 作業を無償で実施できる環境を提供する予定。このPoC作業では、同プロジェクトで実際に使用された実証環境で、実証で使用されたテスト シナリオ、テスト スクリプトなどを利用することが可能となる。

SQL Server 2008 R2 CTP 11月版は、以下のWebサイトより無償ダウンロードが可能。なお、SQL Server 2008 R2製品版の提供開始は、2010年上半期に予定されている。


マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

SQL Server 2008 R2 CTP 11月版ダウンロードサイト
http://www.microsoft.com/japan/sqlserver/2008/r2/

 

 

関連記事

マイクロソフト、超大規模環境へ対応する「SQL Server 2008 R2日本語プレビュー版」の提供を開始マイクロソフトは2009年11月25日、データプラットフォーム製品「Microsoft SQL Server」の次期バージョンである「SQL Server 2008 R2」の日本語プレビュー版であり、製品版に搭載される全機能を事前に検証することが可能な「SQL Server 2008 R2 Community Technology Preview(CTP)11月版」の提供を同日より開始すると発表した。

PAGE TOP