[新製品・サービス]

IBM、「国際財務報告基準」対応支援サービスを発表

2009年11月26日(木)

日本IBMとアイ・ビー・エムビジネスコンサルティング サービスは2009年11月26日、国際財務報告基準(International Financial Reporting Standards、以下IFRS)の日本における導入を見据えて、IFRS対応に向けて企業が直面している業務やシステム面での課題、影響範囲の見極めなどの初期評価から実行までを包括的に支援するサービスを提供すると発表した。

「IFRS対応支援サービス」の具体的な内容は以下のとおり。

  • 初期評価・基本構想サービス
    6つの検討領域を中心に、まずIFRSの影響範囲の特定、IFRS対応のための課題の抽出と解決方針の策定、検証までを約2~3ケ月で行う。また、IFRS対応を機に連結経営を強化する、グループ企業へのガバナンスを強化するなど、IFRS対応を契機に、経営の質をさらに高める支援を行う。
    基本構想の結果を受け、業務・システムの設計/システムの開発・テスト/移行/定着化へと進む。IFRS対応はITの対応にとどまらず、IFRS領域別(例:有形固定資産や金融商品など)の業務・経理処理方法の決定、財務諸表の日本基準ベースからIFRS基準ベースへの初期移行も含まれる。また、組織・ルール・プロセスなどの変革も必要となるため、これらの実行までを包括的に支援する。

IFRS対応にあたっての評価を早期に行うサービスも提供する。

  • クイック初期評価サービス
    IFRSの影響範囲を短期に見定めるサービスです。対応が必要な領域、要する時間などの初期情報の収集から課題の設定までを、2~4週間で行う。

同サービスは、同社においてIFRSに関する豊富な専門知識やプロジェクト経験を持つコンサルタントによって提供される。システムの導入にあたっては、ユーザーの状況に合わせ、オラクルやSAPなどのソリューションを活用する。


日本IBM
http://www.ibm.com/jp/

IBM ビジネスコンサルティングサービス
http://www.ibm.com/services/bcs/jp/
 

関連記事

IBM、「国際財務報告基準」対応支援サービスを発表日本IBMとアイ・ビー・エムビジネスコンサルティング サービスは2009年11月26日、国際財務報告基準(International Financial Reporting Standards、以下IFRS)の日本における導入を見据えて、IFRS対応に向けて企業が直面している業務やシステム面での課題、影響範囲の見極めなどの初期評価から実行までを包括的に支援するサービスを提供すると発表した。

PAGE TOP