[新製品・サービス]

KDDI、「Business Port」の協業パートナーによるSaaS型緊急連絡/安否確認サービスの提供を開始

2009年11月26日(木)

KDDIは2009年11月26日、同社が提供する企業向けSaaS型ソリューションサービス「Business Port」において、2009年12月1日より、インフォコム株式会社のSaaS型緊急連絡/安否確認サービス「エマージェンシーコール/Business Port」の販売を開始すると発表した。

同サービスは、災害時における社員の安否確認や緊急時に人員を招集する際に、一斉に緊急連絡ができるシステムで、有事の際に、対応社員を招集したり待機社員への連絡ができるほか、パンデミック発生時の健康確認等にも活用できる。SaaS型サービスのため、ユーザーは設備構築やシステムに複雑な設定をする必要がなく、事業継続計画 (BCP) のツールとして、災害時だけでなく日頃の訓練にも手軽に利用できる。

また、手軽にテレワーク環境が利用可能なSaaS型グループウェアサービス「KDDI Business Outlook」と組み合わせて活用することにより、「エマージェンシーコール/Business Port」サービスで緊急連絡を受けた社員が出社することなく業務の連絡などに対応できる。

同サービスを加え、「Business Port」における提供サービスは7社11サービスとなる。ユーザーは、特設サイトから、7社11サービスについて無料トライアルを申し込める。

同社は今後も「Business Port」において、法人ユーザーのニーズにあったアプリケーションの提供を順次拡大し、アプリケーション同士の連携のほか、SaaS型グループウェアサービス「KDDI Business Outlook」との連携など、新しいサービスを提供するという。

KDDI
http://www.kddi.com/index.html

インフォコム
http://www.infocom.co.jp/

Business Port
http://www.bzport.net/
 

関連記事

KDDI、「Business Port」の協業パートナーによるSaaS型緊急連絡/安否確認サービスの提供を開始KDDIは2009年11月26日、同社が提供する企業向けSaaS型ソリューションサービス「Business Port」において、2009年12月1日より、インフォコム株式会社のSaaS型緊急連絡/安否確認サービス「エマージェンシーコール/Business Port」の販売を開始すると発表した。

PAGE TOP