[新製品・サービス]

マイクロソフト、就労に役立つITスキル習得を支援する、就労支援プログラムを発表

2009年12月6日(日)

マイクロソフトは2009年12月4日、「若者の就労・雇用」という課題に対する施策として、「ITを活用した若者就労支援プログラム」を2010年1月より開始すると発表した。若者の職業的自立を支援する政府の事業で地域のNPO等によって運営される「地域若者サポートステーション」と連携し、2010年1月から2011年12月末まで2年間実施する。

同プログラムは、就労に役立つITスキルの習得に加え、スキル習得によって若者たちの自信を醸成し、就労に導くことを目的とするもので、全国に設置されている「地域若者サポートステーション」のうち、マイクロソフトの支援する拠点(2年間で25カ所を予定)において、ITの活用による支援を加速化するとのこと。

同社は、同プログラムの運用資金の提供、Microsoft Windows 7などの最新ソフトウェアの提供、最新技術の紹介や活用のアドバイス、専属の担当者によるプログラムマネジメントを行う。また、「地域若者サポートステーション」を受託するNPOとの連携により、NPOのスタッフをITスキル講習の講師として養成し、無業の状態にある若者を対象に、就労に役立つ最新のITスキルを習得するための講座を提供。さらに、ポータルサイトを2010年4月(予定)に開設し、若者が「誰でも、いつでも、どこでも」、同プログラムのITスキル講習のコンテンツにオンラインでアクセスし、ITスキル習得ができるようにする。同プログラムのコンテンツは広く一般に公開し、「地域若者サポートステーション」以外の若者就労支援機関でもコンテンツを活用して、ITスキル講習を組み入れた就労支援を実施できるようにする。

なお、1年目は首都圏5カ所で実施し、2年目には公募により20カ所(合計25カ所)で全国展開する。1年目の支援機関は、以下のとおり。

  • たちかわ若者サポートステーション(NPO法人「育て上げ」ネット)
  • みたか地域若者サポートステーション(NPO法人 文化学習協同ネットワーク)
  • あだち若者サポートステーション(NPO法人 青少年自立援助センター)
  • よこはま若者サポートステーション(NPO法人 ユースポート横濱)
  • かわぐち若者サポートステーション(NPO法人「育て上げ」ネット)

ITスキル講習では、就労に役立つ実践的ITスキルを段階的に習得できるよう、以下の3つのステップを提供する。

  • 講習1:Word / Excel / PowerPointを活用した文章作成
  • 講習2:Accessを活用したデータ管理
  • 講習3:Webサイト構築

就労支援の内容としては、キャリアカウンセリング講座、コミュニケーション講座、個別相談、テーマ別ワークショップ、職場体験などが予定されている。同社では、同プログラムの目標を以下のように計画している。

  • 支援対象の「地域若者サポートステーション」25カ所におけるITスキル講習の受講者の30%が受講後6カ月の時点で、就労もしくは職業訓練校等に移行すること
  • 2年間で、ITスキル講習受講を6,000人、ポータルサイトを通じたコンテンツを7万5,000人に提供


「地域若者サポートステーション」
http://www.jiritsu-center.jp/

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

マイクロソフトコーポレーション
http://www.microsoft.com/
 
 
 

関連記事

マイクロソフト、就労に役立つITスキル習得を支援する、就労支援プログラムを発表マイクロソフトは2009年12月4日、「若者の就労・雇用」という課題に対する施策として、「ITを活用した若者就労支援プログラム」を2010年1月より開始すると発表した。若者の職業的自立を支援する政府の事業で地域のNPO等によって運営される「地域若者サポートステーション」と連携し、2010年1月から2011年12月末まで2年間実施する。

PAGE TOP