[新製品・サービス]

日本オラクル、「Oracle Business Intelligence Applications」を提供開始

2009年12月9日(水)

日本オラクルは2009年12月8日、包括的な事前定義済み分析アプリケーション「Oracle Business Intelligence (BI) Applications」の提供を同日より開始すると発表した。「Oracle BI Applications」は、業務アプリケーションの段階的な導入にあわせて実装できる、事前定義済み分析アプリケーション。業務プロセスの最適化のレベルに応じて導入できるだけでなく、さまざまな指標やレポートは事前に連携されているため、プロセスの最適化に応じたバリューチェーンの可視化を行える。

BIシステムの開発において60-70%の工数はデータウェアハウス構造の最適化とETL(Extract:抽出、Transform:加工、Load:書き出し)の定義に費やされるといわれている。「Oracle BI Applications」は、ベストプラクティスに基づいた分析環境を事前定義済みのため、より迅速な導入が可能となり、BIシステムの開発コストを大幅に削減できる。

「Oracle BI Applications」の特長は以下のとおり。

  • 最適化されたデータウェアハウスのデータモデルを定義
    日々増加するトランザクション・データに対して、迅速な意思決定を支援する最適化されたデータウェアハウスのスキーマ構造を提供
  • アプリケーションの差異を吸収するETL基盤
    「Oracle E-Business Suite」「PeopleSoft Enterprise」「Siebel」「JD Edwards」といったオラクルのアプリケーションのみならず、SAP社など他社の提供するアプリケーションに対しても事前定義情報を提供する。データウェアハウス構築後に業務アプリケーションが変更されてもETL基盤によって吸収できる。
  • 一元管理されるメタデータ構造
    すべての「Oracle BI Applications」におけるメタ情報が一元的に管理できるため、業務アプリケーションだけでなく、外部情報も容易に仮想統合できる。
  • 業務の役割に即した業績評価指標とダッシュボード
    さまざまな業務領域で事前定義されたダッシュボード、数千におよぶ業績評価指標の活用によって業務アプリケーション導入後の迅速なシステム構築が可能になる。

「Oracle BI Applications」には以下の製品が含まれる。

  • [ERP Analytics]
    ・Oracle Financial Analytics:企業の収益性とキャッシュフローの最大化を支援
    ・Oracle Project Analytics:プロジェクトの収益性改善と運営の健全性維持を支援
    ・Oracle Procurement and Spend Analytics:SCMにおける最適な意思決定を支援
    ・Oracle Human Resources Analytics:従業員情報から企業の業績向上と従業員維持を支援
    ・Oracle Supply chain and Order Management Analytics:受注処理の効率化と売上げ回収のプロセス最適化を支援
  • [CRM Analytics]
    ・Oracle Sales Analytics:営業プロセスの最適化を支援
    ・Oracle Marketing Analytics:マーケティングプロセスの改善を支援
    ・Oracle Service Analytics:サービスレベルや顧客満足度の改善を支援
    ・Oracle Contact Center Telephony Analytics:コールセンターでのサービス向上を支援
    ・Oracle Loyalty Analytics:ロイヤリティ・プログラムのプロセス改善を支援

日本オラクル
http://www.oracle.co.jp/
 

関連記事

日本オラクル、「Oracle Business Intelligence Applications」を提供開始日本オラクルは2009年12月8日、包括的な事前定義済み分析アプリケーション「Oracle Business Intelligence (BI) Applications」の提供を同日より開始すると発表した。「Oracle BI Applications」は、業務アプリケーションの段階的な導入にあわせて実装できる、事前定義済み分析アプリケーション。業務プロセスの最適化のレベルに応じて導入できるだけでなく、さまざまな指標やレポートは事前に連携されているため、プロセスの最適化に応じたバリューチェーンの可視化を行える。

PAGE TOP